糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記

タケちゃん

028 金集め9と護衛7

今回短いです



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
それから雪と勇者は戦ったのだが勝負は1分もかからずに雪が勝った。
うん、わかってたんだけど思っていたよりちょっと...いやかなり弱かった思わず唖然としてしまうくらいには
戦況を言うと最初は雪が手加減していたせいか勇者君と互角だったんだけど途中から雪が少しだけ実力を出して勇者君を追い詰めてたんだけどそこから奥の手で聖剣召喚と言う聖剣を召喚するスキルを普通にしたらいいのに!大事だからもう一回言うけど普通にしたらいいのにカッコつけてモーションなんかをつけて召喚してるうちに雪に後ろから後頭部を殴られて気絶したと言う感じで決闘は終了した
その間俺はジュリアの護衛をちゃんとしていた。ナンパを退治したりナンパを退治したりナンパを退治したりしていたわけだがそうしているうちに雪が戻ってきた
そのあとはパーティーに戻ったわけだがパーティーが終わってその夜ギルドの前まで来た俺たちは
「じゃあ透さん雪さん今日はありがとうございました。またいつか会いましょう」
「ああまたな」
「はい」
そうやってギルドに入ろうとしてジュリアが一歩踏み出した瞬間
「透様!」
その言葉を聞いた瞬間俺はジュリアを抱え込んで後ろに跳んだ
さっきまで俺とジュリアがいた場所には短剣が刺さっていた
「そこにいるのはわかっている出てこい!」
すでに俺は気配察知を使い相手の場所を見つけていた
「ククク、」
そう笑いながら暗闇から出て来たのは.............

「糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • タケちゃん

    2がいい人

    0
コメントを書く