糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記

タケちゃん

021 金集め2


今回も短くなります



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その次の日森の奥の沼地の方に行ったのだがラノベやアニメのようにはうまくいかない.............なんてことはなかったワイバーンはとてつもなく強い旅人に倒されていてゴブリンを乱獲しようとすれば俺たちがかなりの数を倒してるためほとんどおらず他の依頼を受けようとすれば他の冒険者がすでにうけていて依頼がなかったりしたのだが、そこで
「透お困りのようだな」
グレンが挑発するように喋りかけてきた
「何か用ですか?」
「俺たちはお前と違って暇じゃないんだまた今度にしてくれ」
「あーあ金が貰える依頼持って来たのになー他の奴に依頼をしてもらうか」
「なんぼ貰える?」
「おーおー乗り気になっちゃって」
「早く教えろ」
「わかったわかったなんとその金額、黒金貨1枚と白金貨5枚で計150000000エルだ受けるか」
にやにや言ってくるグレンに対し
「「受け(ます)る!」」
俺と雪が同時に答えたそれに対しグレンはギルマスの部屋に向かって行った
ちょっとしてギルマスの部屋についた俺たちは
「それで依頼の内容は?」
「第二王女の護衛だ」

「糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く