糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記

タケちゃん

020 金集め1

フォロー数200突破しました!みなさんありがとうございます
これからもこの作品をよろしくお願い
今回短いです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

家を買うと言った次の日、不動産屋に行ったのだが
「金が足りない.......」
「全然足りませんね」
俺たちが欲しいのだと大体50000000エル以上は絶対だった
「金を稼ごう」
「どうやってですか?」
「依頼を受けよう」
そう言って俺たちは喋りながらギルドの方に歩き始めた

そうしてギルドに入って受付の方に向かうと
「どこに行ってたんですか!」
と言いながら顔を般若に変えたティアが近づいて来た
「ど、どうしたんだ?」
「どうしたんだじゃないです。心配してたんですからね」
「はいはい、それで稼げる依頼ってあるか?」
「はいはいってもういいです.......それで稼げる依頼ですか?」
「ああ」
「危なくてもいいならワイバーンなどがありますよ。ほんとはBランク以上じゃないと受けれないんですけどギルマスが」
「あいつは実力がBランク以上だからBランクまでの依頼なら受けさせてやれ」
「っていうことでうけても大丈夫です」
「報酬は?」
「ワイバーンの素材などを全部売るのであれば10000000エルくらいで依頼報酬は1000000エルです」
「場所は?」
「森の奥にある沼地にいます」
「わかったありがとう」
そう言って俺と雪は外に出た
「明日に向けて準備するか」
「はい」

「糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く