糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記

タケちゃん

016 クラスメイトと再会2

「おいおいなんで出来損ないがこんなところにいるんだ?」
はぁ、だるい無視しよ
「雪行くぞ」
「はい透様こんな奴らほっといて行きましょうか。これからどうします?」
「こんな奴らってどういうことだよ」
「そのまんまの意味ですが」
「俺たちは勇者だぞそんなこと言ってどうなるかわかってんだろうな」
「どうなるんです?」
「お前のご主人様がどうなるかな」
「透様に何かしたら殺すぞ」
そう言って殺気を放つと逃げるように去って行った
雪怖
「透様今何か言いました?」
「な、何も言ってないよ」
「雪行こう」
「はい透様!」

そうして宿に戻って来た俺たちは
「夕食も食べたし雪のお願いを聞く前に糸造っていいか?」
「いいですよ透様」
『糸創造』
それでできたのがこれだ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
粘着糸(ねんちゃくいと)
分類 糸
粘着力Ⅴ
耐久力Ⅲ
長さ10メートル
説明
トウドウ  トオルが創造した糸
当たった相手に粘着する斬れ味などはないが罠として使える
自分にはひっつかない
斬れ味Ⅲ以上のものに斬られると糸が切断されるが斬った剣は斬れ味が鈍る
トウドウ  トオルが創造する場合消費魔力294(600)ですむ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これを18本と
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
隠密斬糸(おんみつざんし)
分類  糸
気配遮断 Ⅳ
斬れ味 Ⅲ
耐久力 Ⅲ
長さ10メートル
説明
トウドウ トオルが創造した糸
相手の気配察知のLvがⅣ以上の場合効果をなさない
自分には見える
トウドウ トオルが創造する場合消費魔力980(2000)ですむ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
を5本造る

「それでお願いってなんだ?」
「話せるようになった時でいいので透様の過去に何があったか話してもらってもいいですか?」
「わかった。いつか絶対に話す」
「それじゃあおやすみ」
「おやすみなさい」
そう言って俺は気絶するように寝た

「糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く