話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記

タケちゃん

003 プロローグ3

俺の願いは
1つ目  MPを消費して糸を想像するスキルでレベルが上がるほど消費するMPが減るスキル
2つ目  腕を2つ増やしたい時に増やせるスキルMPなしで
3つ目  MPの消費を半減にするスキル
4つ目  俺が想像できるホムンクルス
5つ目  相手の動きをMPを使って先読みできる目
6つ目  寿命を上げる
7つ目  俺が通ったところにアイテムボックスから糸を空中に設置できるMPなしで

できるか?
「ホムンクルスは、異世界に行ってからの方がいいよね召喚されてる訳だし」
ああ
「じゃあ一回限りで"ホムンクルス創造"をスキルに与えとくね」
ありがとう
「やめてくれ君がお礼なんて寒気がする」
うるさい!他はいけるのか?
「寿命を上げるのは500年くらいあげとくね!」
ホムンクルスもか?
「いいよサービスだよサービスこんなことするの久しぶりなんだからね」
何年ぐらい?
「約10000000年くらい前かな」
こんな可愛いなりしてババアかよ
「へ〜そんなこと言ってもいいんだ」
すいません!その笑顔が怖いのでやめてください
「ちなみにホムンクルス創造は、想像力が必要だから頑張って」
何から何までありがとう
「い〜よー君は見ていて面白いからね、それじゃあ頑張って」
そして俺は光に包まれた

「糸使いのショタとヤンデレ?メイドの異世界記」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • タケちゃん

    間違えてましたありがとうございます
    直しておきます

    1
  • 花鳥月下

    >>想像じゃなくて、作り出すという意味なら創造じゃないですか?
    もし、何かを思い描く、という意味なら余計なお世話でした。

    1
コメントを書く