星の降る街

ゆるむら

-010‐ 2996年6月23日 PM 19:12

作者、会社の人がどんどんやめて行き参っています。
作者も既にやめるつもりなのですが別けあって来年までは確実にやめられない状況でして・・・。

それでは、第10話 お楽しみ下さい。






-キリエリア領-
ムーンライト管轄域
企業都市区画
スカイレールビル地下?
????????







「人体実験…かしら。」

「隊長……これかなりヤバくないですか?正直私達の手には余る気が…。」

シズキ達は手前の檻の部屋から更に奥の部屋へとやって来た、部屋の中央には強化ガラス装甲で全面を覆われた部屋の中に手術台の様なものがポツンと置いてあり、壁際にはデスクや様々なコンピュータが並んでいた。

流石に実験の内容がわかる様な情報は残されておらず、現場に残された状況から読み取るしか出来ないが、それでもかなり危険な類の実験をしていたのは理解出来た。

連れて来た無人機は既にエネルギー残量が底をつく様で腕を突き出し指をさした状態のまま停止状態になっている様だ。


「一応もう少しだけ手がかかりが無いか探しましょう、その子もそこに置いていていいわ。」

「…了解です。」

チヨは動かなくなった無人機を静かに床へ降ろし、2人は部屋を見て回り他に情報がないかを探して回る。

しばらく探索を続けているとチヨが何かを見つけた様で、

「隊長!……これ…。」

シズキはチヨの元へ向かい、チヨの見つけたものに言葉を失った。
ロボットである、それもあの無人機と同じ形状の。
それがジャンクパーツなのか完成品なのかは分からないが、見た限り無事そうな機体が1機にパーツが所々足りない機体が3機、その他はほぼパーツで床や机の上などに散らかっていた。

「チヨ、あんたはこの部屋をもう少し調べて。私の予想が当たればもう1つ重要な部屋があるはず。」

「りょ…了解です。」

シズキはチヨへこの部屋の探索を任せると自分ももう1つある筈の部屋の入り口を探し始めた。
壁を手当たり次第に触り、叩き、違和感のある場所を探ると縦に切れ目のある壁を見つけた。

「この近くに扉を開けるスイッチとかが……あった!」

ほんの少しの出っ張りがあるのを見つけてその出っ張りを押し込む。
すると裂け目から扉が開いて行き、照明が自動的に付いて部屋の全貌をあらわにする。

「………やっぱり…。」

部屋の中は特殊な防腐加工を施す培養液をかけられ、頭蓋骨を綺麗に切られた子供の遺体が捨てられた様に転がっっていた。
保存状態は良かった様で腐食している所はないが、髪や頭の中に精液の跡の様なものがこびりついており、死してなお慰み者として使われた非道な者達の所業に怒りを覚える。

せめて汚れを落としてやりたいと思ったのだが、下手に死体へ触れる事も出来ないし、情報が危う過ぎる為、現状は放置するしかない。

他にも培養液に浸された少年や少女、児童や赤子なども確認できた、シズキはつい拳に力が入ってしまうが、今は感情を爆発させる時ではない。
チヨと合流して直ぐにこの場から離脱する、

「チヨ、そっちは何か見つかった?」

「はい、搬入口の様な扉を見つけましたが、勝手に開けるのも怖くて触ってはいません。」

「了解、それは報告書に記載しておくたして。そろそろここを出るわよ、外に負傷者を置き去りにしてるからその人も連れて出ないと。」

「了解です。隊長の方は探してた物はあったんですか?」

「………ええ、沢山ね。」

シズキは先ほどの光景をチヨへ説明する、脳を抜き取られた子供達の遺体とその扱いに付いて。
思い出しただけでも憤怒の感情に飲み込まれそうになるがしっかりと抑え込む。

「えっ…それってどういう。」

「恐らくだけど無人機へ人間の脳を移植するのよ、私達みたいに人間を作り物の体にするのでは無く、作られた体を人間にしようとしてたのよ。」

「そんな……じゃああの子も…。」

「おそらくね…でもあの子をここに放置する訳にはいかない、やってしまった事の責任は取らないといけないし、悪い事をしたら叱られる、当然の事よ。」

「………了解です…。」


これ以上の探索は藪蛇になると判断し、停止した無人機とともにその場を後にした。







先程の広場まで戻ると負傷していた青年は今だ壁にもたれかかって痛みに喘いでいた。
おそらく戦闘も終わりアドレナリンが切れて全身を痛みに襲われているのだろう。

「ごめんなさい、遅くなったわ。」

「あっ…いえ…大丈夫…です。」

明らかに大丈夫では無さそうにヤルミは返事を返した。

「直ぐに上に連れて行こうと思ったけど…救護班が来るまで待ってた方が良さそう?」

「いえっ…大丈夫…ですっ!…すみません…上までお願い…します。」

「了解、私の首に手を回して。」

「あっ…はい。」

ヤルミは場違いながら正直ドキドキしてしまった。
姉以外の女性とは殆ど交流もないのに、急な肉体的な接触。
ほぼ抱きつく様な形で抱え上げられて、ほのかな甘い香りや何処とは言わないが柔らかい感触。

「うぐぁっ!」

「我慢して、男でしょ?」

一階層から二階層に飛び上がる為の猛烈な勢いと着地の衝撃。
ヤルミは激痛に耐える事に必死になり余計な考え事など出来なくなった。

その後も壊れたエレベーターを三角飛びの要領で登り、飛ぶたびにヤルミの悲鳴が響く。


「もう、だらしないわね。鍛え方が甘いんじゃない?」

シズキはそう言いながら救護班のいる場所までヤルミを運んだ。



「1人重症がいるの、直ぐには死なないけど。受け入れに余裕は?」

「問題ありません!ってヤルミ様ですか!?どうしてこんな…。」

シズキに抱きかかえられた重症患者の様子を見ようと顔を見た途端医師は驚きの声を上げていた。

「ん?もしかして偉い人だったかしら?」

「あ…いえ、そういう訳ではありませんか。我々の間でもヒーローの様な方ですので。余程壮絶な戦いだったのでしょう。」

「………ええ、そうね。」

実際にはシズキがボコボコにしてしまったのだが一応空気を読んで話を合わせた。

「とにかくヤルミ様は直ぐに大きい病院へ搬送致します。あなた方は何処か怪我などは?」

医師は仲間の救護班に担架を用意させる様に叫び、シズキ達の容態を気にしている様だった。

「私達は問題無いわ。それよりその人の方を…」

「あら、中々可愛らしい彼女さんね。」

「「!!??」」

なんの前触れもなく唐突に金髪の若い女性が瓦礫の上へ腰掛ける様に現れ、
長いプラチナブロンドの髪を揺らしながら笑顔で話しかけてきた女性の脇には、片腕を失った上半身だけのロボットがいた。

「……あれっ!?いつの間に!?」

チヨが驚いた様に声を上げた為チヨの方を見ると特に何もなかった、持っていたはずのロボットも無かった。

《全員へ緊急命令、私達の目の前の女へ攻撃準備。》

《《《了解。》》》

シズキはこの女性の異常性を感じ、隊員達へ意識通信により命令を下す。
警戒レベルを最大まで上げて女性へ問答を始める。

「あら、いつからそこにいたのかしら?気付かなかったわ。」

「ほんのさっきよ、医療班の方とお話が終わりそうだった頃ね。」

彼女はシズキの質問へ気さくに答えた、意思疎通の出来ない程の輩ではないようで少しだけ安心した。

「ところで、あなた方は脇に抱えてるそれの事なんだけど。」

「あら、それなんて酷いわねぇ~怖いおねぇさんねぇ~こんな子供を物扱いよ?」

からかうように女性はそう言った。
まるで子供をあやすかの様に、こんな子供をしっかり言った。

彼女がこの地下の件に関わっている事はその段階で明白となる、だがわざと分かるように言葉を選んだようにも感じられ、それがまたシズキに不気味だと感じさせた。

「あなた…その子の事について何か知ってるのかしら?」

シズキがそう問うと、彼女は薄い赤色の瞳を持つ左眼と濃い金色の瞳を持つ右眼でシズキを見つめた。
そして何かに気付いたかの様にニヤリと笑い先程の問いに答える。


「ええ、おそらくここの地下の子でしょう?あなた達も見てきたのね。あそこを。」

それだけ聞けば十分だとシズキは判断し、

「大人しく投降しなさい、念の為に控えている狙撃隊にあなたを狙わせているわ。余計な事をしなければ攻撃はしな…」

「やだ~こわ~い!中々血の気が多い子ね。私は嫌いじゃないわよ?」

目の前の女はこの現状が分かっているのか否か、とても楽しそうにそんな言葉を並べた。
シズキとしてもどうしても逃したくない重要参考人となる相手だ。

多少は過激な事でもやるつもりであったが流石に無抵抗の相手をいきなり撃つ程冷徹にはなれていない。

「ただの脅しじゃないのよ…お願いだから投降して、あなたを逃がすつもりはないけど大人しくしてくれれば危害は加えないわ。」

「うふふ!それに他者を思いやる心も持ち合わせている…と、あの子には勿体無いくらいの良い子ね。」

「さっきから何の話をしてるのよ…。」

会話は出来てもやはり意思疎通は出来ない狂人の類だと判断する。
こちらが質問して、相手がそれに対し答えようとするタイミングでの攻撃を指示する。

「そして敵には容赦しない、思い切りも良い、お姉さんもあなた羨ましくなっちゃうわ~。」

だが彼女は何事もなかったかの様に話し続ける。
それを確認したシズキは焦り隊員達へ叱りの通信を入れる。

《ちょっと!何やってるの!撃てって言ったでしょ!?》

《うっ…撃ちましたよ!しっかりと足に向けて…でも外しても無いんですよ!》

《どういう事…?》

《こういう事かしらね?》

部隊内専用の意思通信へ割り込んで声をかけて来たその声は目の前の彼女のそれだった。
そして女は指でつまんだ鉛の弾を見せ付けてくる。

「………もしかして返した方が良かったかしら?」

反応のないシズキに対し彼女は何故かそう解釈して指で弾を弾き

《うわぁッ!?》

通信越しに隊員の悲鳴が聞こえる。

《当てて無い筈だけど、何処か怪我しちゃった?》

《………い、いえ。…大丈夫です。》

《そう、良かったわ。》

既に当然の様に通信へ割り込み、こちらの隊員と会話までしている。
あまりの異常性にシズキは混乱し、とにかくこいつを仕留めなければまずい事になる。そう判断して、

ダァンッ!ダァンッ!ダァンッ!ダァンッ!ダァンッ!

ハンドガンによる5連射の早撃ち、両手足に眉間、五ヶ所への攻撃だがやはり彼女は当然の様にそこに座している。

「いきなりだなんて、結構強引なのね。」

「………本当に、どういう事なのよ…。」

またしても彼女の手の中に5発の弾が握られている、今の銃声を聞き注目を集めてしまったシズキ達。

そして銃声で朧げだった意識を無理やり覚醒させられたヤルミが担架の上で起き上がる。

「うっ…くっ!…。」

「ヤルミ様!まだ起き上がってはいけません!全身を骨折しているのですよ!」

「だけど…今の銃声は…!?」

そしてヤルミは金髪の若い女性を見た。

魔女だ。

何故分かったのか?
それはテレポートミラーを目の前で作り上げ手渡してくれたのが彼女だからだ。
最初の1個目以降はムーンライト達を通しての購入という形になったのでそれ以来顔は合わせてはいないが、それでもあの不思議な女性を忘れる事などあり得ない。

「まっ…魔女様!」

「魔女…?」

シズキはヤルミの呼んだその名にどういう意味かと疑問に思ったのだが。

「あら、確か~…ペリドットの弟君よね?」

「はっ…はい!」

「いつもお姉さんに引っ付いてる筈の君が1人なのは珍しいわね。お姉さんの方はどうしたのかしら?」

まるで何事もなかったかの様に世間話を始める。

今回の事件の首謀者であると思われる魔女と呼ばれた女はこの事件の被害者と当然の様に笑顔で接している事に狂気的なものを感じた。

「姉は…殺されました…。」

「あらそう、残念だったわね。」

何でも無いことの様に返事した。

「えっ…姉さんは魔女様のお仕事を色々手伝ったり…仲良くしてたんですよね?」

「…?そうね、あんな死に方をするとは思ってなかったから、また助手を探さないといけないわ。」

魔女は心底何が言いたいのか分からない、と言いたげな顔でヤルミへ己の考えを口にした。
そんな態度を見たヤルミ当然の様に怒りに感情を飲み込まれて行く。

「魔女様は…見て居たんですか…?」

「彼女がこの子に殺される所の事?」

そう言って無人機を撫でる。
ヤルミは今気づいたのか無人機の残骸に驚く、だがそれよりも聞かなければならない事がある。

「見て居て…姉を見殺しにしたんですか…。」

「遠目で見てただけだけど、彼女も敵を目の前に油断するなんて。まだまだだったわね。」

その瞬間ヤルミが鏡を投げて一瞬で魔女の目の前に転移する、そして連結させたハンドガンを超至近距離で引き金に指をかけようとして。

「それ!」

そう言って魔女がハンドガンの銃身を掴みヤルミの肋骨へ押し付ける。

「うぐぅッ!?」

ヤルミは唐突な激痛に怯みそのまま地面へ落下する。

「迂闊過ぎるし、その程度の痛みで怯んでるからあなたはいつまで経っても強くなれないのよ?死んだあなたの姉も悲しがってるんじゃないかしら?」

「僕は…僕は!!」

ヤルミは立ち上がろうとするも魔女から発せられる殺意に怖気付いて、身動きが取れなくなってしまった。

「はぁ…覚悟も足りなければ意地も無い。本当にダメな子ね。」

魔女は興味を失った様にシズキ達へ向き直る。

「さて、お話の続きよ。東城 静樹ちゃん?」

「ッ!?………自己紹介はまだの筈だけど…?」

シズキは内心かなり動揺した。
自分の名前をフルネームで、しかも正確な発音で呼んでくる相手など祖母を除いて居なかったからだ。

「あら、そうだったかしら?私は昔から前からあなたの事は知ってたわよ?あなたに会う前からね。」

正直不気味なんてものではなかった、すぐにでもこいつを始末しないと本当にまずい事になる。
そして全員へ攻撃命令を出そうとした瞬間。

「うふふ!からかうのはこの辺にしておきましょうか。」

真横で魔女の囁きが聞こえた。
シズキはまるで反応出来ずにすぐに距離を取ろうとするが、

「とりあえず、次に会うまでの宿題よ。中を確認して情報を調べておく事、サボったらお仕置きしちゃうわよ?」

そう言って後ろから無人機の残骸を背中に押し当てられる、とっさに飛びのいた筈なのに。

シズキは静かに振り向いて無人機を受け取る。

「次に会うって?次はどんな登場をするつもりなのかしら?」

今までのやり取りで自分達ではどうにも出来ない相手なのは理解出来たので、とにかく情報を得ようと虚勢を張り会話を続ける。

「あなたと私は遠く無いうちにお友達になれるわ、時が来れば友人として改めて自己紹介するでしょうね。その時を楽しみにしているわ、シズキちゃん。」

砂塵が渦巻き、魔女の姿を隠すと次の瞬間には消えていた。

「………全員警戒を解除、一旦ここへ集合。」

たいした情報をえられずに重要な人物を取り逃がしてしまったが、下手をすればこちらが全滅させられてもおかしく無いほどの力量差だったと感じた。

見つけた情報やこの無人機についても自分達だけではどうにもならないため、シズキは本部の指示を仰だ。







作者:高野三四さんの魅力は大人になってから気付きましたね、若い頃はレナちゃん一択だったんですが・・・。

「星の降る街」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く