この世界はなにいろ?

モモマ

7 まさかの…

「はい、はい そうですハノイです。無事向かってます。はいお願いします。」



「よし今日も1日頑張るか!」


「はい頑張りましょう!モモマさん」


「あれ?ハノイどこいった?」


「そう言えば見かけてませんね」


「ますたーメッセージが届いています。」


「開いてくれコロ」


「はい 分かりました」



おはようだなモモマくん。なぜ手紙をおいていなくなったのはいずれ知ることが出来るだろう。少し教えるとすればずっと観察させてもらったよ。また会えることを信じているよ!頑張りたまえ
       ハノイより


「??どういうことだ」


「まさかですけどこの文章から考えられるのはハノイのは敵だったことですかねますたー」


「まさか…まさかね…可能性は…あるか…マジか」


「とりあえず先を急ぎましょう!モモマさん」


「ああそうだな で、エルミア」


「は、はい?」


「隣にいる子は誰だ?」


「えっ?隣?誰??」


「は、はじめまして あ、あの…あなたの弟子にしてください!」


「俺のことか?」


「は、はいそうです」


「なんで急に?」


「昨日の敵と戦っている姿を見ましてですねかっこいいと思ったのですよ!」


「まあ弟子になることはいいんだがな…一緒に行くのか?」


「いいじゃないですかモモマさん多い方が絶対いいですよ!」


「そうだなじゃあよろしくな!俺はモモマだ!」


「私はイオリと言います。この村の村長の娘です!お父様にはもう言ってあります!武器は短剣です!お願いします師匠!」


「私はエルミアと言います!よろしくねイオリちゃん!」


「私も自己紹介をしますね!コロといます。よろしくお願いします!イオリさん」


「う、うわ!あ、頭に直接!」


「イオリ頑張って慣れてくれ」


「は、はい分かりました!」


「じゃあ先に進むか!」


「はい!頑張りましょう!」


「そういえば良いこと思い付いてたんだよ!」


「何ですか?モモマさん」


「空飛べれば速いんじゃね!」


「すみませんもう一度お願いします師匠」


「だから空飛べれば速いんじゃね?」


「「はぁーーーーーあ??」」


「な、何を言ってるのですかモモマさん?」


「そ、そですよ師匠」


「まあまあ試すだけ試そうぜ!」


「どうせ飛べないと思いますけどね」


「まあまあ 取り合えず手を繋いでくれ」


「よし飛ぶぞ!」


俺は全神経を使って飛んだ!


「と、飛んだ!?」


「このまま中心まで行くぞ!」


「えっ?えーーーーーえ!?」


こうして俺たちの旅は進んでいった



Twitter始めました!
モモマ @nozawamomoma です!お願いします!

「この世界はなにいろ?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「冒険」の人気作品

コメント

コメントを書く