俺と魔王の優雅な日常

ノベルバユーザー108708

俺と魔王と説明と

「なんじゃ?怒っておるのか?哀れよの〜」
このクソガキ…どうしてくれようか…
さっきから俺にこんな事を言ってくるロリ魔王に俺が苛立ちを覚え始めそれが顔に出ているらしい。
状況を整理してみると俺は現在落とし穴に落ち隔離され、それを楽しそうに上から見下ろしてる幼女が魔王だ。
ロリコンお兄さんにはなんともたまらない風景だろうが俺はロリコンじゃないのでまったく喜べない。
「おい貴様さっきからなぜわしをガン見している?なにか喋れ」
「ロリ魔王」
おっと口が滑った。
「ぶっ殺すぞ!!!」
おぉめっちゃキレられた…。なんだこの魔王…
「悪かったよ、ところでこれから俺をどうする気だ?」
「決まっているだろうが、殺す」
俺はその言葉に軽く体が震えた。この世界に来て初めての恐怖を感じた。
この世界で最強ランキング3位のドラゴンすら一撃で倒せるほどの俺が、目の前の幼女に恐怖を感じている。
怖い。声が出ない。なんとかしようと頭を働かせるも出る案全てが否定される。
この落とし穴から出ないとどうにも…。
「おぉ困っているな。なんとも面白いの〜」
「黙ってろロリ」
あ、口が滑った。
「お前ほんとふざけるなよ?!ちょっとお前は上に引き上げて痛い目みせてやるからな!!」
とうとう俺もここまでか……。
ん?…引き上げてくれんの!!!?


「俺と魔王の優雅な日常」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く