超絶美少女の彼氏(凡人)は尽くされているが気苦労が絶えない

卿猫

夏休みのお泊まり会

「今晩うちに泊まって行きませんか?」

 全く状況が理解出来ず、白雪さんにもう一度言ってもらったがただただ頭が混乱するだけだった。

 だってあの白雪さんが、あのピュアで清楚の塊の白雪さんが、俺の腕を掴んで泊まって行きませんかというなんて想像もできないからだ。

「いや…でしたか…?」

 俺が呆然と突っ立っていると白雪さんが心配そうに話しかけてる。
 もちろん嫌なはずはないが、嫌なはずはないのだが……

「ど、どうしていきなり!?」

 そう、それだけが疑問だった。
 俺がそう尋ねると白雪さんはきょとんとした顔で言った。

「え、それが普通じゃないんですか?」



♢ ♢ ♢


 あの後詳しく話を聞いて見ると、どうやら白雪さんのお母さんに、今日俺が来たら泊めるのが普通だと吹き込まれたらしい。
 何を考えているんだあのお義母さんは……,

 まあ、ホッとしたような、少し残念なような……。
 そんなもやもやを抱えながら、今は晩御飯の片付けをしている。意外なことに白雪さんは皿洗いがものすごく早い。
 てっきりお嬢様育ちで家事は全くできないと思っていたのだが……。

「いつも家事を手伝っていたので得意なんですよ」

 俺の不思議そうな表情から心情を読み取ったのか、白雪さんが自慢げに言う。
 しかもその表情が死ぬほど可愛い。今まで見た白雪さんの表情で一二を争うくらい可愛い。
 特に顔が完全にドヤ顔なところと、ない胸を張っているところが可愛いすぎる。

 バリーン

 だか、そんな表情に見とれてしまったせいか、俺が持っていたお皿を落とし、割ってしまった。

「だ、大丈夫ですか!!!」

 すると途端に白雪さんの表情が心配一色にかわる。
 だが、そんな表情も可愛いなぁと思うりゅーた。

 そこにはアタフタする白雪さんと、その表情を見てデレデレするりゅーたの姿があった。

「超絶美少女の彼氏(凡人)は尽くされているが気苦労が絶えない」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー69421

    更新待ってます

    1
  • 榎倖生

    こればかりはエタらないでほしいな

    0
  • SUDOU1211

    続きが読みたいです

    0
コメントを書く