眠り姫、それはとても楽しく切ないモノガタリ

神威

第4話 魔女

?「私は見た!姫様を眠らせる者の姿を!」

周りがざわつき始める。

?「その者は魔法を使っていた!」
「魔女なの…?」
「魔法を使うのは魔女しかいないが…」

周りには色々な声がある。
見つけ出す希望を持つ声。
見つけ出す希望が失われた声。

?「魔女は存在する!」
「この人、大丈夫かな…」
「でも信じるしかない」

魔女は存在する。
そう発言した。

だが周りは信じている者といない者がいる。

「眠り姫、それはとても楽しく切ないモノガタリ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く