君を失った世界

キャリコ

flower wall

繰り返される日々

繰り返される日常

同じ歳の子は、今頃制服を着て、恋をして、友達と遊んでいるのだろう

そんな経験なんて、もう記憶から無くなった。

しかもそれは小さい時の話しだし、今とは全然違う。

昔──入院して、周りの元気な女の子や男の子を見て、羨ましいと思った。

だけど今はもう、そんな想いなんて無い。

無いというか、消えた。

所詮私は治らない病気

病院から出られるはずもなく

出会い、なんて無い

無理だ、って分かりきってくるとだんだんココロが無機質になってくる

どこかココロに隙間ができた感じなのは無視する

気にしたってさらに穴が大きくなるだけだから

2度とこの穴は埋まらないと思ってた

だけど彼の存在を知ってから意識をするようになって

気になって

毎日が明るくなっていった

こんな日が、続けばいいのに…




「やあ。最近どう?」

「そこそこかな。それ毎日聞いてるから同じ答えになるわよ?」

笑いながら彼の質問に答える

「あー、確かにそうかも。バカだな僕。」

「あはは。バカってよりもアホ?」

「ちょっと、それはそれで傷付くけど?!」

こんな会話がずっと、続けばいいのに

誰も邪魔する人はいない

はじめて、自分が幸せだと感じた

ずっとこうしてたい

これが日常がいい

今までガマンしたのだ

今ぐらい欲張ったっていいだろう

「あ、そうだ、日香里さん」

「…?花…?」

「うん。シロタエギクっていうんだけど。何色が好きか分からなかったら綺麗な色をセットしてもらったんだけど…気に入った…?」

「うん!すごくきれいね。この彩り、好き。」

「ああ、なら良かった。実はね、シロタエギクの花言葉は、『あなたの支えになります』だよ」

「へぇ…小さな花なのに、心強いのね。」

「ああ。そうなんだ。」

とても嬉しかった。

まず、花がこの部屋にあるなんてとても久しぶり。

それに彼がなにかを持ってきてくれるのがとても嬉しかった

「………だよ」

「へ?ごめん、聞き取れなかった。もっかい言ってくれる…?」

「いや、独り言だよ。大丈夫。」

あ、そうなの。と返事をした。

独り言でも気にはなるけれどそこらへんは気にしないでおく

「ところで、翔さんの病室ってどこなの…?行ってみたいなぁ…」

前から思っていた事を聞いた。

聞けたら私からもなにか持っていこう、なんて思っていた。

「あー…僕の病室はこの廊下の奥なんだ。それに来ても何もないからつまらないよ?」

笑いながらそう答えられた

しかも、あまり本心からの笑いじゃない

なにかを''隠す''ような笑いだった。

「そっかぁ。お見舞い行こうかなとか思ってたのに。泥団子とか。」

「なに?僕は幼稚園児とかなの?」

二人で笑いながら言った

大丈夫。これはきっと本心からだ。

こういう隠すことには絶対に触れない

触れたっていいことはないから

どっちも傷付くだけだ

それに、私の病室に来てくれてるだけで奇跡なのだ

これ以上、欲を出したらバチが当たる

細くでもいい

長く続いてくれれば

………………To be continued.



どうも、皆さん初めましt((

名前をいけちから『ささけ』に変更しましたー

まあこれには色々ありまして…


そして、長らく更新しなかったのにも訳があって、できませんでした

申し訳ありません…(土下座)

これからはちゃんとやっていきます…!!!

どうぞ、よろしくお願いします…

「君を失った世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 1

    感動しました。
    すごくいい話ですね!
    これからも応援します!!

    1
コメントを書く