君を失った世界

キャリコ

Your save.

──あれは……小さい頃のことだった。

「ねー!みかちゃーん。おようふくかわいいねー!」

『こっちのほうがかわいいわよ。そっちピンクだからギラギラじゃない。』

「ピンクかわいいもん!ふりふりかわいいもん!」

『はあ?!オレンジのほうがカワイイでしょ!!』

そんな会話を交わしていた

──独りで

親は元々共働きで家にはあまり居なかった。

けれど一人も苦痛ではなく、自分のしたいようにした。

周りの子とは一回りぐらい年が上だったのかもしれない。

そんなで、親のこともわかりたかった。苦しめたくなかった。

いい家には住んでいても、親は共働き。

あまり贅沢は出来ない。

それでもなにかお祝いがあれば、私の好きな手巻き寿司を出してくれて、お腹いっぱい食べることができた。

けれど自分はわがままを言ってはいけない。
なんでも買ってもらえるわけではない。
贅沢はたまにしかしてはいけない。

そんなことも分かっていた。

居なくなったのは私のせい?

わがままを言ったから?

わがままを言わなければあの時車には乗っていなかった。

いつもの生活をして、お母さんとお父さんが帰ってきて、晩ご飯を食べて、今日の出来事を話して、お風呂に入って、男らしい手で髪をかわかしてもらって、優しい手で髪をとかしてもらって、二人の温もりの中で眠りに落ちる。

そんないつもの暮らしを出来ていた筈なのだ。

あの時、私は『生きたい』『死にたくない』と思った。

親の代わりに私が生きた。

私が親の命を奪った。

結果こんなザマだ。

私のどこに生きる価値がある。

──君が死んでどうする。彼らの分を生きねば。

なぜ……なぜ……なぜ……


……to be continued




おはこんばんちわ。
初めまして。いけちです(っ'ヮ'c)
しばらく更新してなくてすいません……(´・∀・`)
これからはちゃんとやってきます((((
読んでくれているみなさん。本当にありがとうございます((。´・ω・)。´_ _))ペコリ
国語力皆無の私ですが、どうかこれからもよろしくお願いします(っ'ヮ'c)
短いので少しの時間だけでもよめまs(((

どうぞ、今後ともよろしくお願いします

P.S.
お話のゴール、変えようかな(((
((^ω^≡^ω<ギャアアアアアアア

「君を失った世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • Orange

    更新マジで楽しみにしてます

    1
コメントを書く