君を失った世界

キャリコ

What color do you like?

──あ、雨だ

新聞では晴れと言っていたのに……。そろそろ梅雨時期なのだろうか。

雨は何色?

虹は何色?

晴天は何色?

世界は……何色?

雨の日は色々と嫌な事を考えてしまう。色は感じずともこのジメジメした、悲しい感じが伝染うつるからだろうか?

こんな日は彼に会いたい。少しだけでも話してこの気分を晴らしいたい。青々とした晴天の様に。

私のココロは真っ黒かな。灰色かな。どちらにせよ曇っているだろう。

しばらく歩いて気づいたが、彼の病室を私は聞いたことがない。確かあっちらへんへ……のような曖昧な記憶しかなく、自分がいやになった。

「いいや。また見つかるかもしれない。ぶらぶら病院散歩をしとこう。」

改めて気づいたことは、この病院には色々な人がいること。まあ、都心の大きな病院だから、というのもあるのだろうけれど。色々な表情の人がいる。

親族関係か。悲しい顔をしている。

病気が治ったのか。嬉しそうな顔をしている。

赤ちゃんがいるのか。嬉しそうな顔もいれば不安そうな顔もいる。

何を思っているのか。無表情の人もいる。

世界には様々な人がいる。

色がわからなくたって分かる。

そんなことは。

『そんなんで、彼を助けられるの?そんな、色も分からない奴が、あんないい人の、そばにいられるとでもと思ってんの?』

「知らないよ……」

『あーあ、最低ね。ただでさえ酷いレッテルが貼られてるのにそれを取る努力さえ、思考さえ面倒としてる。最低中の最低ね。』

「うるさい……」

『なにぃ?聞こえなーい。もっと大きな声で言わなきゃ。ね?クズ?』

「うるさぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁいっ!!!!!」

はっ、と顔を上げる。時間が止まったかのように人々が足を止める。

「ごめんなさいっ……」

体を曲げ、謝罪をし、早足で病室へと帰る。

ああ、窓際にいる人がブツブツ言いながら爪を噛みこちらを見ている。

ああ、新しい命を守りながらこちらを見ている。殺人鬼じゃない。その子の命なんて盗みやしないわ。

ああ、喜びの顔が通り魔を見たかのような顔に変わる。ごめんなさい。ぶち壊しね。

どうして私はこうダメな人なのだろう。

なにか悪いことを私がした?

誰かの命を奪った?

──奪ったじゃない。自分の命と引換に。

もう……止めて……私が望んだ訳じゃない……

──望んでない?本当に?ちっとも?

知らない……もう……嫌だ……

──なにが?自分だけ生きていること?

…………


──それとも、悲劇のヒロインぶっているだけ?

「やめてっ!!!」

もう嫌だ。こんな自分もだけれど闇の部分も嫌いだ……こんな自分なんて……

思うよりも身体が先に動いていたのだろう。気づいたときはもう廊下にいた。

もう、なるままに。

別にいいさ。自分はいなくたって。

最初は叔父も叔母も、いとこも、友達も、近所の人も私のことを心配してお見舞いに来てくれた。

『私の病状はどうでもよくて、お見舞いに来ている、エライ、という感情を巻き起こすためだけに。』

しばらくして部屋に入ってくる人は少なくなった。滞在する時間も同時に少なくなった。来て花を置くだけ。

『しばらくして、来るのがめんどくさくなって、エライなんて言ってくれなくなってきて。行っても仕方がない、なんて感情が出てきた。』

──飽きられたのよ。ただの道具なのよ。

そうだ。私は道具なのだ。使えなくなったら捨ててしまえばいい。

傍観者は便利なものだ。

是非ともそちら側につきたいものだ。


ふと気がつけば屋上にいた。

「雨、あがってたんだ。」

さっきまで降っていた雨はすっかりやんで、光の雨が降っていた。

「私を歓迎してるみたい。」

つる……と頬を伝うなにかを感じた。

「なんで……なんで……」

それはきっと、伝ってきたモノに対しての言葉だったのだろう。

「どうして……どうしてなのよ……」

しだいに、自分の現状に訴えかけている気がしてきた。

「なにか悪いこと……した?どうして私がこんな……事を考えなきゃいけないの……」

しばらく泣いていた。

だからだろうか。後ろから来る人にも気がつかず、泣いていた。

やっと気づいたのは頭に暖かいものが乗っかり、私の頭を撫でたころ。

もうこの手だけで分かる。彼の暖かさが伝わってくる。

「ありがとう……ございます。」

「大丈夫さ。誰でも泣きたい時はある。」

なぜこんなに彼は優しいのだろうか。

なにかあったのか……。

そんなことは他人には分からない。

だけど寄り添うことはできるかもしれない。

私は……彼のココロがほしい……

なにも……ない私だからこそ……彼のことが欲しい。

ただ、そばにいてくれるだけでいい。

それだけで私の心は……きっと救われる。

そう想った。光り輝く星の下で。


…………To be continued.

「君を失った世界」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く