最弱主人公 〜 封印解いたら世界最強でした 〜

柑橘

始まり

俺は三海堂 純 どこにでもいる高校2年生 あの日までは。

「んぁ〜 ねみい 学校とかほんとめんどくさい」

俺はそう呟きながら布団から降りた、今日は月曜日忌々しい週初めだ

「さてと、さっさと用意して学校行くか〜」

2階の自室から1階のリビングに向かう 時刻は既に9時30分遅刻だ 純の部屋にある時計は7時30分を指していた、妹による些細なイタズラだ

「おはよ〜、ってあれ?母さんも父さんもいないぞ?」

俺は時計を見た 時刻が9時30分を指しているのを見た

「みかの野郎!!また時計いじりやがったな!」

俺は急いで机の上に置いてあるご飯と卵焼きと野菜を食べて、制服に着替えた
ここまでの時間 9時35分 俺の特技は早食いと早着替えだ

「さて、みかは帰ってきたらシバくとして さっさと学校に行こう。 財布にスマホにカバン よし、準備完了っと。それじゃ、行ってきま〜す!」

もう帰ってこれないとも知らずにと学校へ向かった。

おかしい所、直したらいいところなどありましたら指摘お願いします

二日に1本はあげたいと思うので、よろしくお願いします

「最弱主人公 〜 封印解いたら世界最強でした 〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

  • 匿名

    早く続きかけ

    0
コメントを書く