異世界で美少女吸血鬼になったので”魅了”で女の子を堕とし、国を滅ぼします ~洗脳と吸血に変えられていく乙女たち~

kiki

Ex2-1 楽園の在り処

 




 そこは、地上最後の楽園だった。

 吸血鬼によって全ての国が陥落した後、辛うじて生き残った数少ない人間たちは、人として生きられる何処かを探して彷徨った。
 そして無事に逃げ切った者たちは、偶然にも同じ場所へとたどり着く。

 大陸北部にある、洞窟を抜けた先にあるその場所は、山に囲まれた平地。
 そこにはどうやら、かつて集落が存在し、ひっそりと数十人が暮らしていたらしい。
 だが若者は都会へ出ていき、残った人間たちもみな死に果て、朽ちた木造の廃墟だけが残っていた。
 ある者は隠れ家を求めて、ある者は雨から逃げるように、そしてある者は死に場所を探して、みなそこにたどり着く。

 集落の噂は、いつの間にか生き残った人間たちの耳にまで届き、人々は一斉にそこに集い始めた。
 幸い、土地だけはそれなりに広かったので、200人近くが集まった今でも、場所で揉めることはない。
 洞窟さえ塞いでおけば吸血鬼に見つかる心配もない安全なその場所を、やがてそこに済む人々は楽園――”エデン”と呼び始めた。

 エデンは平和であった。
 命の危機に晒された人間と言うのは、それ以外の人間よりも自分の命を、そして他人の命を尊重するものである。
 誰もが他者を思いやり、優しさを与え合う。
 まさに理想郷。
 人間にだって愚かさを捨てることは出来る、いつまでも争い合ってばかりではない。
 希望があった。
 すなわち光だ。
 光が生まれれば、影が生じる。
 平和はそう長くは続かなかった。

 争いの種は、食料である。
 水は湧き水でカバー出来たが、山草や狩りで捕まえた野生動物だけでは、200人もの人間を養うことは出来ない。
 飢えは人間の心を荒ませ、優しさを削り取っていった。
 結局のところ、やはり人間に楽園を作ることなど無理だったのだ。
 最初は友人同士の食料の融通に過ぎなかった。
 だが、やがてそれが大きな派閥となり、貧富の差を生み、嫉妬が渦巻き、派閥同士の争いが始まる。
 もしも世界が200人の集落になったとしても、スケールが小さくなるだけで、やることは変わらない。
 血で血を洗う戦いは数日間続き、エデンの人口は150人ほどにまで減少した。

 ――そんなある日のこと、集落の1人の人間が現れる。

 まるで神のように天上から降りてきた彼は、アレクサンダー・オミクロン。
 まだ人間が世界の覇者だった頃、”世界最高の魔法使い”として名を馳せていた、正真正銘の一流魔法学者だった。
 彼は吸血鬼によって滅ぼされゆく世界を見届けた後、隠居出来る場所を探してエデンにたどり着いた。

『高名な魔法使いならば、我々を救う手立てを知っているかもしれない』

 争いに疲れた人々はアレクサンダーに縋った。
 彼は少し思案すると、周囲を観察してから、こう言った。

「争いに参加したのは大人の男ばかりだな、つまり死者もそうだ。残る生存者は、男が50人とすれば女は100人、多すぎると思わないか?」

 男たちの中には、なぜ自分たちだけが戦わなければならないのか、と不満に思っている者も居たらしい。
 アレクサンダーの言葉に、賛同する者は多かった。

「バランスを取るべきだ。同時に食料の問題を解決する方法もある、私の言う通りにしなさい」

 さて、アレクサンダーは確かに優秀な魔法使いではあったが、実は人間の世界が滅びる少し前、混乱の最中で彼が国を追放されていたことを知る者はあまり居ない。
 表向きには、彼の得意分野は傷や病の治療と言うことになっていたが、それは違う。
 ――人体実験。
 特に若い女性に対する、自らの性的欲求を満たすための手段も兼ねた、凄惨な試みの数々。
 それこそが、アレクサンダーの最も得意とする分野であった。

 アレクサンダーはこう提案する。

「50人の女を食料して、残り50人の女を効率的に肉を産み落とすためのプラントにしよう。まともな・・・・子供を生める女は数人で十分だ」

 最初は誰もが反対した。
 だが、人は食欲に抗えない。
 ほどなくして生き残りの中から50人の女が選ばれ、食料として消費された。
 残る50人の女は縛り付けられ、アレクサンダーの施術によって子宮を改造され、妊娠するとすぐに巨大な肉塊を産み落とせるようにされた。
 言うまでもなく、それらの生産行為には男たちの性欲解消も含まれている。
 一度人肉を食らってしまった男たちは、女を同じ生物として見ることが出来なくなった。
 従順な奴隷、都合と具合の良い道具、美味な食料。
 食欲、性欲、睡眠欲、全てが満たされた男たちは、アレクサンダーと共に囲む食卓で、心の底から楽しそうに言った。
『やっぱりここが楽園だったんだよ』と。



 ◆◆◆



「おかりなさい、チグサ様」

 ゲートから戻ってきた私を、なぜかリーナが待っていました。
 いつ帰ってくるかなど連絡していませんし、もしかしてずっとここで待機していたんでしょうか。

「リーナ……えっと、ただいま、です。わざわざ出迎えるなんて、何かあったんですか?」
「うん、たぶん」

 これはまた、はっきりとしない返事ですね。

「ボクはレイアの代理だからさ、事情まではよくわかんないんだ」
「その本人はどうしたんです?」
「アーシェラに捕まってお話中」
「ああ……」

 おおかた、また新しいプレイでも思いついたのでしょう。
 あの3人はお盛んですからね、微笑ましいと言えば微笑ましいのですが。

「だから、レイアが戻ってくるまでの間、ボクとお話しない?」
「構いませんよ。ところで、メアリーはどうしているんです?」

 メアリーと言うのは、リーナが産んだ娘のことです。
 現在生後6ヶ月。
 紫色の髪に、顔立ちもリーナよりはレイアによく似ています。
 最近歩けるようになったばかりで、少し目を離した隙にどこかへ走り去ってしまうので、よくリーナが困っている姿を見かけます。
 ちなみに、レイアの娘はフォスと言いまして、こっちは髪の色も顔つきもリーナに似ているのです。
 2人とも見てるこっちがにやつくほど愛娘を溺愛していて、それに負けないぐらいリーナとレイアも、そして娘2人も仲良しでして。
 以前以上に城の中の雰囲気が明るくなったように感じるのは、おそらく気のせいではないのでしょう。

「メアリーはラライラライのとこにいるよ」
「ずいぶんと可愛がってますね」
「前から子供好きではあったみたいだから、聖母の名前は伊達じゃないってことだね」

 以前は違う意味で聖母だったと思うのですが、最近はすっかりまともになったようで。
 まあ、相変わらずアーシェラやキシリーとの行為の時は、部屋から獣のような喘ぎ声が聞こえてくるんですが。

「確か本人も妊娠したんでしたよね?」
「うん、アーシェラの子供をね。で、アーシェラがミヤコの子供を身ごもってて、キシリーがラライラライの子供、だったかな」
「ほぼ同時期でしたし、また騒がしくなりますね」
「気付けば子供だらけになってたりして。謁見の間を子供部屋に改造しないと部屋が足りなくなるかも……」

 リーナはジョークのように言ってみせました。
 しかし、あながち冗談ではないのかもしれません。
 近い未来、王城が託児所になってしまう光景を想像しながら、あっちの世界から育児道具を買ってきた方が良いのかな――などと考えてしまうのでした。



 ◇◇◇



 私はリーナとレイアが普段暮らしている部屋に入り、ソファに腰掛けました。
 リーナは私の隣に座って、体をこちらに預けています。

「こうしてリーナと2人きりで過ごすのは珍しい気がしますね」
「まあ、ボクはいつもレイアと一緒に居るから。でも、たまにはこういうのもいいかもね。チグサ様にこうやって触れてると、気持ちが落ち着くよ」

 リーナは、割と私のことを気に入ってくれているようで。
 顔を合わせたり、世間話をしていると、よくこちらに擦り寄ってきて私の体に触れてきます。

「もしかしたら、チグサ様はボクが忘れてると思ってるのかもしれないけどさ。ちゃあんと覚えてるから」
「何をですか?」
「ボクの体がまだ戻っていない頃、ただの肉でただの穴だったボクを、愛してくれたことだよ」

 ああ――そっか。
 まともに話すことも出来ず、見ることも出来ず、道具として使われていたリーナ。
 確かに私は、あの状態でも抱きしめ、愛してはいましたが、確かに彼女の言うとおりです。
 まさか当時のことを覚えていて、今の好意が当時のことを覚えていたからだっとは、想像もしていませんでした。

「あ、その顔、やっぱり忘れてたんだ。まあいいけどね、ボクが勝手に恩を感じて、勝手に返したがってるだけだから」

 そう言ってリーナはさらに私に体を密着させ、顔を近づけました。
 ここまで誘われてしまっては、応えないわけにもいきません。

「嬉しい、その気になってくれたんだね……んっ」

 私は顎に手をあて、くいっと上を向かせてから唇を重ねました。
 柔らかな桜色を触れ合わせゆっくりと離すと、リーナは潤んだ瞳をこちらに向けます。

「ねえチグサ様。ボクね、今度は……チグサ様の子供が、欲しいんだ」

 リーナは言いながら、私の手を握り、へその近くへと持っていきます。
 私が指先に力をこめて、締まっていながらも柔らかなお腹に沈ませると、「んっ」と微かな声で反応します。

「……だめ?」
「リーナが――」

 ……その気なら。
 そう続けようとして、私は言葉を止めました。
 それではだめなんです。
 求められているのは、積極的に求める言葉。
 そんな受け身では、リーナを幸せにすることは出来ませんから。

「……私もリーナを孕ませたい、私の子供を産んで欲しいです」
「っ……そ、そっか、へへっ……産ませたいんだね、ボクに、子供を。じゃあ、今すぐにでも……」

 蕩けたように頬を綻ばせるリーナと、次は深いキスを交わそうとして――その直前で、ガチャリと音が鳴りました。
 私たちは接近を止め、同時に視線をドアの方へと向けます。

「ただいまリーナ、チグサ様は戻って……」

 すると、部屋に入ってきたレイアとばっちり目があってしまいます。
 何でしょう、この、浮気がバレたみたいな罪悪感は。

「私、邪魔だった……かな」
「ううん、全然! レイアもおいでよ、チグサ様にして欲しいことがあるって言ってたよね」
「そうなんですか?」
「あ、う……うん、まあ、そう、だけど」

 リーナが手招きをすると、レイアは遠慮がちに、もじもじしながらもこちらに近づいてきました。
 しかしリーナがレイアの欲求を知っているということは、2人きりの時も私の話をしているということですよね。
 自分が知らない所で自分の話がされているっていうのは、ちょっと恥ずかしいです。
 むず痒いというか、嬉しいというか。

「お邪魔、します」

 そしてレイアは、私の隣に座ると、リーナ同様に擦り寄ってきました。

「レイアもチグサ様には感謝してるんだよ。ボクと再会出来たことも、自由になれたことも、全部チグサ様のおかげだから。ね、レイア?」
「……」

 レイアは無言のまま、顔を赤くしてこくんと頷きます。

「で、も。その前に、ボクとチグサ様にはやることがあるよね」
「嫉妬されますよ?」
「平気さ、すぐにレイアにもしてもらうから」

 いつの間にか予約を入れられてしまいました。
 まあ、最初からそのつもりではあったのですが。

 そして私とリーナは唇を近づけると、舌を絡め合って、緩やかなキスをはじめました。
 レイアというツガイが見ている目の前で、蕩けた表情をしながら、「ぷちゅる、じゅる、ちゅぱぁ」とツガイ以外の誰かと口付ける。
 その状況が彼女の快感を増幅しているのか、リーナは特に弱い舌の裏を撫でてやるだけで、「んやぁ、ひぅ」と小さく喘いでいました。
 それからたっぷり数分間も唾液の交換を続けた私は唇を離すと、しばしリーナと見つめ合います。
 ピロートークのようなものです。
 彼女にしか聞こえないぐらい小さな声で、太ももや背中、頭、耳を撫でながら「愛してる」「かわいい」「もっとしたい」と愛の言葉を囁きます。

 それが落ち着くと、次はレイアを引き寄せて、少し強引に唇を重ねます。
 ツガイの目の前という状況に対する抵抗感はレイアの方が強いらしく、最初は全身がガチガチに強張っていました。
 私はそれをほぐすように、丁寧に口の中を愛撫していきます。
 口内に残るリーナの味に安心したのもあったのでしょう、少しずつ少しずつ、レイアの緊張は解けていきます。
 そしてすっかり私との交わりに夢中になった彼女は、私が送り込んだ唾液を嚥下する度に、「んくっ、んふうぅっ」と声をあげながら体を震わせていました。

 そんな私とレイアの口づけを、リーナは近くから物欲しそうに見つめています。
 彼女の目はまるで、獲物を待つ野生動物のようでもあり、おそらく私が離した瞬間にレイアを奪うつもりでいるのでしょう。
 その予感は見事的中――私とレイアを繋ぐ唾液の糸が切れるよりも先に、リーナはレイアの唇を貪りはじめました。
 今度は私が置いてけぼりにされる番です。
 仕方ないので、私はおそらくレイアが望んでいたであろう行為を、一足先に始めることにしてしまいました。

 指をくいっと動かすと、部屋の影からはいでてくる黒い触手。
 私はそれを操り、まずはレイアの足に絡めていきます。
 口付ける彼女もその存在に気づいたのか、唇を合わせたまま、視線だけを動かし足元を見ようとしています。
 ですがリーナの激しい求愛がそれを許してくれません。
 意識を移したことに嫉妬したのか、リーナはレイアの頬を両手で掴むと、さらに深く舌を挿し込みました。

「んっ、んうぅぅっ、んふっ、ふううぅ、ちゅ、ちゅぱっ、はぷっ……ふ、ふうぅん……っ」

 そのあまりに情熱的な愛撫に、レイアの表情がぼうっとしていきます。
 そうこうしている間にも、影は彼女の下半身をすっぽりと包み込んでしまいました。
 私はさらにじりじりと影を登らせていき、へそを、胸を、腋を、腕を、首を――ほぼ全身を、真っ黒な影で覆いました。
 影は服を溶かし、ぴったりとレイアの素肌に張り付きます。

「はへっ、へえぇ……ちゅぷっ、はっ……き、きたの……ぉ……これっ、んぐっ、こりぇっ……!」

 全身を影に包まれる感覚に、私と戦闘した時のことを思い出したのか、レイアの表情がだらしなく溶けていきます。
 それを見たリーナは唇を離すと、私の方を見て言いました。

「ねえチグサ様、ボクもこれ……して欲しい、な」
「もちろん、最初からそのつもりです」

 リーナにも影を這わせると、少しずつ彼女の足はつま先から順に”黒”に飲みこまれていきます。

「ぁ……は、これ……んはあぁっ!」

 実際、私も自分で経験したことがあるわけではないので詳しくはわからないのですが。
 しかし、指や舌で触れられるのとはまた違う感覚は、一度味わってしまうと抜けられなくなってしまうそうで。
 リーナも首まで覆った時点で、すでに息絶え絶えと言った様子で、もうまともな言葉を発せていません。
 でもまだですよ、まだ――外側だけ、ですから。
 這い上がる影は口元にまで達し、にゅるりと中へと侵入していきます。
 口蓋に、歯茎に、舌の裏側から奥に至るまで、全てを蹂躙しながら埋め尽くすと――

「あ、あ、ごぉっ……お、んおぉぉおっ!」

 すでにその悦楽を知っているレイアは、期待に声を震わせました。
 影はさらに奥に入り込み、喉や食道の粘膜をを傷つけないように内側から拡張しつつ、進んでいきます。

「おおぉおっ、お、はおおぉおおっ!?」

 まるで太いチューブが挿入されていくような感覚に、リーナはお腹にきゅっと力を込めながら視線を虚空に彷徨わせています。
 影はさらに顔を多い尽くし、鼻から、耳から、そして目から体内を侵していくのです。
 そして頭まですっぽりと包まれてしまった2人は、もはや声を出すことも出来ず、ただただ与えられる感覚に体を震わせるだけでした。
 私はエナメルめいた影に包まれたレイアの太ももをなで上げます。
 すると、びくん! と彼女は大きく体をのけぞらせるのです。
 私は黒に染まった、つるっとした感触のリーナの口内に舌を入れ、かき混ぜます。
 すると、こちらも全身を痙攣させながら、体で悦びを表現するのです。
 それからしばらくの間、2人を床に寝かせ、ソファに座ったままで、のたうち回る2つの黒い塊を眺めていました。
 為す術もなく一方的に、けれどその全てを受け入れている2人は本当に愛らしくて。
 時折足や手、舌で触ってやると過剰に反応してくれる姿が本当に愛おしくて。
 いつまでも飽きること無く、私は体を火照らせながら、そんな2人の様子をじっと観察していたのでした。



 ◇◇◇



 そういえば、と思い出した頃には時すでに遅し。
 レイアが私に用事があると言っていたはずなのですが、すでに彼女は気絶して、ベッドの上ですぅすぅ可愛らしい寝息を立てていました。
 仕方ないので、彼女が目を覚ますまで、同じく気絶したリーナと合わせて2人の寝顔を見ながら待つこと3時間。
 ようやく彼女は目を覚ましました。
 おはようの挨拶の代わりに額にキスをすると、レイアは寝ぼけているのか、まるで子供のように私にしがみつき、胸に顔を埋めました。
 ……後から聞くと、どうやらリーナに対していつもそうしているようで。
 仲がよくて羨ましい限りです、たまには今日みたいに私もおこぼれをもらったってバチは当たらないかもしれませんね。

「それでレイア、私に何の用事だったんですか?」

 胸に抱いたレイアの頭を抱きながら、そう問いかけます。
 すると彼女は突如理性を取り戻したようで、がばっと私から距離を取ると、焦った様子で言いました。

「そ、そうだった! えっと、まだ生き残ってる人間が居たんだって。それで……そこに居る女の人たちを、仲間にしようと何人かが、向かったらしいの」
「それが、何らかの理由で失敗した、と?」
「うん。洞窟の向こうに、集落がある場所……らしいんだけど。その洞窟の前に、女の人が、何人も居て。でもその人達……みんな、魅了出来ないんだって」
「キシリーのように魔法に対する耐性を持っているんでしょうか」
「交戦した子が言うには……人間の動きじゃないみたい、殴った感触も、やけに硬かったとかで……」

 魅了が通らない。
 人間離れした動き。
 殴った感触も硬い。
 それらの情報からぱっと浮かんできたのは、アンドロイドという単語でした。
 しかし、この世界に、女性と見紛うほどの人造人間を作る技術などあるわけがありません。

「怪我人は出ているんですか?」
「重傷者も居るんだって。それも含めて、チグサ様に助けを求めてるみたい」
「確かにそれは、寝ている場合ではありませんでしたね」
「別に私は……寝たくて寝たわけじゃないんだけどな」

 レイアは私の方をジト目で睨みつけた。
 まあ、リーナと私に巻き込まれたような形でしたからね。
 さっき言い方は、ちょっといじわるでしたか。

「レイアの知識を借りることもあるかもしれませんし、リーナが起きたら3人でそこに向かってみましょうか」
「ん、わかった」

 こうして私は、リーナとレイアと共に、人間たちの最後の楽園へ向かうことを決めたのでした。
 ……つまり、エリスとみゃー姉に留守をお願いしなければいけないわけですが。
 戻ってきたばかりでまともに話もせずにまた外出ですし、拗ねないといいんですけどね、あの2人。





「異世界で美少女吸血鬼になったので”魅了”で女の子を堕とし、国を滅ぼします ~洗脳と吸血に変えられていく乙女たち~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く