異世界で美少女吸血鬼になったので”魅了”で女の子を堕とし、国を滅ぼします ~洗脳と吸血に変えられていく乙女たち~

kiki

48 エゴイスティック・ジャスティス

 




 グラヴァードへの道のりにおいては、本来野宿など必要は無かった。
 徒歩でも行ける範囲内に町があったし、整備された街道も繋がっているからだ。
 だが、吸血鬼に支配された町を脱出したリリィは、以降、人里に寄り付こうとはしなかった。
 行く先々で、自分のせいで・・・・・犠牲になってしまう人間を出したくなかったのだろう。
 もっとも、彼女が行こうが行くまいが、やがてこの国は吸血鬼に支配される運命にあり、そして彼女もそれを理解はしていたのだが――要するに悪あがきだ、見さえしなければ現実は確定しないのだから。

 膝を立て、その上に手を置きながら、じっとリリィは揺れる炎を見つめていた。
 パチパチと火花が散り、薄暗い森の中を照らす。
 サーラはそんな彼女に寄り添って、うつらうつらと頭を揺らしていた。
 そして眠気の重力に耐えきれなくなった瞳は閉じられ、眠りに落ちる。

「疲れるのも当然か。せめて夢見ぐらいは良いと助かるんだが」

 そう言いながら、微かな寝息をたてながら彼女を見て、リリィは微笑んだ。
 悪夢のような光景を見たばかりだ、精神的にも、そして肉体的も疲弊しているはず。
 いやむしろ、夢など見ない方がいいのかもしれない。
 深い眠りに沈み、気づけば目が覚めている方が。
 夢から覚めたまま刻々と過ぎゆく時間は、リリィの精神すらも確実に削っていく。
 サーラに耐えきれるとは思えない。

「かと言って私に耐えきれるとは限らないが」

 むしろ感覚が鋭敏な分、リリィの方が辛いかもしれない。

「ああ、わかってるさ、わかってるんだよ。どうせ今も見ているんだろう? 私をずっと、遠くか近くか知らないが、とにかく手の届く場所からじっと、心が折れるときを今か今かと待ちわびて!」

 静かな森に、彼女の声が響き渡る。
 もちろん、返事はない。
 それでも確実に、彼女の研ぎ澄まされた感覚は、こちらを覗き込む異形の存在を捉えていた。
 眠れない。
 眠れるものか。
 見知らぬ土地、見知らぬ森の中で、リリィはひとり、長い長い夜を過ごす。



 ◇◇◇



 その後も、リリィは町に立ち寄るのは最低限に留めた。
 物資が尽き、やむを得ず商店を利用する必要に迫られた時も、店員が女性の店は利用しなかった。
 そういった彼女の行動は、サーラから見ると病的にも見えた。

「あの……リリィ」

 グラヴァードへの道のりの半分ほどが過ぎた頃だったろうか。
 街道を歩きながら、サーラは恐る恐るリリィに話しかけた。
 ここ最近は会話もめっきり減って、2人の間に距離が開きつつあったのだ。
 無論、原因の大半はリリィにあった。
 彼女は王都を出てから一睡もしておらず、食事もまともにとっていない。
 普通の人間ならとっくに倒れているはずだ。
 それでも活動を続けられるのは、騎士として鍛えられた強靭な肉体があるからこそなのだが――

「ねえ、リリィ」

 ――返事は無い。
 彼女はひたすら何かをぶつぶつと呟き、ひたすらに前に進み続けていた。
 サーラの声は聞こえていないようだ。
 どんなに鍛えられていても、しょせんは人間。限界はある。
 リリィは身も心も限界を迎え、崩壊する直前だった。
 それを最も如実に表しているのは、彼女の表情だ。

 見開かれ、瞬きすら忘れ、血走った目。
 痩せこけたように見えるほど、青ざめた顔色。
 笑っているかのように引きつった頬の筋肉。
 その有様は、まるで禁断症状に苦しむ麻薬中毒者のようではないか。

 常に見張られている、いつ襲われるかわからない、味方など誰もいない。
 そんな思い込みが、彼女を追い詰める。
 いや、あながちそうとも言い切れないのだが。
 しかし自分をすり減らすだけの強迫観念めいた思考など、言うまでもなく邪魔なだけである。
 冷静沈着な普段通りの彼女なら、”考えるだけ無駄だ”とあっさり切り捨てて見せたはずだ。
 それが出来ないのは、現状が異常だから。
 そして、カミラのみならず、出会う吸血鬼全てに自分の価値観が否定されているような気がしたから。

「私は……間違っていない。正しいんだ、正義は勝つ、正しさは証明される。必ず、必ずグラヴァードへさえたどり着ければ……」
「リリィ……」

 か弱いお姫様は、少しずつ壊れていく騎士をそばで見ていることしか出来ない。
 城という箱庭から出た彼女は、あまりに無力だった。



 ◇◇◇



 そして、城を出てちょうど一週間後。
 彼女たちはついに、グラヴァードにたどり着いた。
 予定より到着時刻は遅れ、日は傾きつつある。
 茜色の夕日は薄い雲越しに空と大地を照らし、世界は妖しく紫色に染まっていた。
 そんな景色の中、町の前で立ち尽くすサーラとリリィ。
 いや――正確には、町の跡地・・ということになるのだが。

「馬鹿……な……」

 王都を出てから、リリィは何度その言葉を呟いただろう。
 しかし、彼女が幾度となく繰り返してきた中でも、今回のはとびきり濃厚な絶望を帯びていた。
 体から力が抜け、地面に膝をつく。

「は……はは……はははははっ……!」

 眼前に広がるのは、草木すら生えていない、ただの更地だった。
 王都を除けば王国でも1、2を争うほどの巨大都市であり、なおかつ一大軍事拠点でもあったグラヴァード。
 それが、跡形もなく消えていたのだ。
 リリィでなくとも笑いたくなるし、現実逃避もしたくなる。

「なあサーラ、これは夢だろう? まだ私は昨晩の夢から覚めていないに違いない! なあ、そうだと言ってくれ!」

 ぎょろりとした眼をサーラに向けながら懇願するリリィ。
 その景色と、錯乱する愛しき騎士を見て、幼き姫はなぜかやけに落ち着いていた。
 まるで、この現状を予測していたかのように。
 自分同様に困惑しているはずだと確信してたリリィは、そんな彼女を見て首を傾げた。

「サーラ?」

 呼びかけにサーラは反応しない。
 ただ、風にさらされながら砂を巻き上げる、グラヴァードの成れの果てを見つめているだけだ。
 しばらく沈黙は続き、そして彼女はふと、思い出したように口を開いた。

「カミラは、リリィのことを愛していると言っていたのです。誰よりも強く、深く、誰も叶わないぐらいに」
「……は?」
「ただリリィを自由にしてやりたい、幸せにしたい。出会ってからはずっと、それだけを考えていたのです」
「それが、どうしたと言うんだ?」
「彼女は言ったのです。もしリリィが自分を受け入れたのなら、お前も同じ場所に連れて行ってやろう、と」

 リリィは解せなかった。
 なぜこのタイミングになって、サーラがカミラのことを話し始めたのか。
 そして、なぜ自分を魅了し、吸血鬼に変えようとしたはずのカミラのことを、友人との思い出のように語っているのか。

「サーラは、吸血鬼になりたかったのか? あんな、おぞましい化物になってしまいたかったのか!?」

 自分を想い吸血鬼に成った友人を”おぞましい”と形容してしまったことに胸を痛める。
 それでも、リリィは問わずには居られなかった。
 なぜなら彼女は、常に正しき選択を行う騎士団長だから。

「別にそういうわけでは無いのです。でも……リリィと一緒に居るには、それしか方法が無いと思ったのです」
「今だってこうして一緒に居るじゃないか! それじゃあ駄目なのか?」
「わかっているくせに、リリィは白々しいのです。どうしてリリィの傍に居たかったのか、どうしてリリィに名前で呼ばれてあんなに嬉しかったのか、どうしてリリィと2人で旅をすることになってこんなに幸せだったのか。知らないとは言わせないのです」

 それは、リリィが長らく目を背けてきた、サーラの本心だ。
 もちろん知っていた。
 知った上で、自分の中にある気持ちも含め、見て見ぬふりをしてきた。
 なぜなら、自分は騎士団長であり女性だから。
 そして、サーラは姫であり女性だから。
 騎士と姫が愛し合うことなど許されないし、女性同士の恋愛など以ての外だ。
 常識が否定する、だから正しく生きるリリィも否定する。
 単純で、楽で、けれど彼女自身の意思は介在しない論理展開。

「カミラもきっと同じ想いだったのです。騎士団長であるリリィを愛する人なんて、誰も居なかったはずです。それでも、リリィは呪われたようにその立場に固執し続けた。報われないと知っていても」
「そんな私を救いたかった、と? はっ……繰り返し言うぞ、サーラ。だとしても、それがどうした。今、この状況と何の関係がある!?」

 苛立たしげに問い詰めるリリィに、サーラは落ち着いた様子で答えた。

「リリィを救う方法は2つあると、カミラは言っていたのです」
「2つ?」
「まず1つ目は、リリィがカミラを受け入れること。共に吸血鬼として生き、人間のしがらみを捨てることが出来れば、リリィを呪いから解放出来るのでは無いかと考えたのです」
「だがそれは……私が拒んだ」
「はい、そうなのです。だから自然に、計画は2番目の方法を実行する方にシフトしたのです」
「その、2番目とは?」

 問いかけるリリィの声は、微かに震えていた。
 なぜだか無性に、それを聞いてしまうのが怖くなったからだ。
 王都が陥落した。
 グラヴァードが消滅した。
 この国は、人間以外の者に支配されつつある。
 もしもそのきっかけが、自分がカミラを殺したことだとしたら。

「内側から変えられないのなら、世界を変える」
「世界を、変える……?」
「文字通りの意味なのです。リリィの説得が無理なら、リリィの周囲の環境を変えてしまえばいい。呪いから解き放つのではなく、呪いを強制する何者かを排除する」

 リリィに騎士団長であることを強制したのは、誰だったか。
 両親だろうか、王だろうか、今は亡き騎士たちだろうか、兵だろうか、民だろうか――

「つまりは、人間の排除」

 ”目”があった。
 あらゆる場所に、”リリィは正しくあるべきだ、なぜなら騎士団長だから”と決めつける、視線の群れが。
 世界の至る所に。
 時にそれはモラルと呼ばれ、時にそれはルールと呼ばれ、時にそれは同調圧力とも呼ばれる。
 人間の世界に満ちる、息苦しいほどの行動の枷。
 それら全てが消えれば、リリィは騎士団長で居る必要はなくなる。
 なるほど確かに、理にはかなっている。

「そんなこと……出来るわけが……」

 信じられなかった。
 だが現実として、リリィの目の前には、壊れゆく世界が存在している。
 カミラは成し遂げたのだ。
 ただ、リリィのためだけに。

「いや待て、そもそもカミラはもう死んでいるはずだ! それがどうして、人間の排除など出来るというのだ!」
「吸血鬼には、自分の命を犠牲にして、他者に吸血鬼としての力を受け渡す能力があるそうなのです」
「だがカミラは私の目の前で死んだんだ!」
「吸血鬼はあの程度では死なないのです」
「な……じゃあ、あの時カミラはまだ、死んで……いなかった?」

 確かに、人間であれば致命傷になるほど深い傷を負わせたはずだ。
 そしてカミラは倒れ、動かなくなった。
 あれがただの死んだふりなのだとすれば――その肉体は、どこへ行ったのか。

「しかし、死体の処理は完了したと、私は兵士に報告を受けたぞ?」
「はい、確かにカミラの肉体は廃棄されたのです。ただし、ほぼ同時期に召喚されてきた異世界人の死体と一緒に」
「異世界人だと? 彼らは高い魔力を持っていたはずだ、そんな人間に吸血鬼の力が渡されればどうなるかわからないじゃないか! なぜ一緒に――」
「……そう指示した人間が、居たからなのです」

 サーラは小さめの声で、だがはっきりとそう言った。
 うつむき加減に、暗い語調で告げる彼女を見て、リリィは察する。

「まさか、サーラが……指示したのか?」

 彼女は小さく、首を縦に振った。
 肯定である。
 出来れば、考えたくはない可能性だった。
 しかし認められてしまった以上は、リリィも受け入れるしかない。

「ああ、そうか。つまり――今のこの状況を、間接的とは言え作り出したのは、サーラ、だったんだな。は、ははは、だから、だからグラヴァードが消滅しているのを見ても、動揺しなかったのか……!」
「ただ、1つ言わせて欲しいのです」
「何をだ?」
「あの時、リリィがもしカミラを受け入れていれば、無駄に命が失われることなど無かったのです」
「っ――!」

 あまりに身勝手な言い草に、リリィの頭に一気に血が上った。
 ただでさえ精神が安定していない彼女は、怒りのあまり思わず剣を抜く。
 そしてその刃を、あろうことかサーラの首に当てた。

「ふざけるなッ! 王都やグラヴァードだけじゃない、王国全土で人が死んでるんだぞ? それも数え切れないぐらい沢山! それに対して何も責任は感じないのか!?」
「王国なんてどうでもいいことなのです。父様も母様も愛してくれなかった、リリィさえ居ればそれでよかった、だから誰が死のうと何とも思わないのです」
「サーラァッ!」

 柄を握る手に、ぐっと力がこもる。
 リリィの価値観において、彼女は紛れもなく罪人だった。
 民だけではない。
 王も、大臣も、騎士も、王国を構成する重要な人材がみな死んでしまった。
 これはあまりに大きすぎる喪失である。
 騎士団長の信じる”正しさ”に示し合わせるのなら、下す審判など1つしかない。

「殺すのですか?」
「殺さなければならない。確かに王国の復興には王族の血が必要だ。しかしッ、その王国を滅ぼすきっかけを作った張本人を生かしておくわけには行かないだろう!?」
「リリィは、殺したいのですか?」
「殺さなければ、ならない!」

 声が震えている。
 リリィとて、サーラのことを想っていないわけではない。
 カミラの時だってそうだった、彼女にも愛という感情は存在しているのだ。
 だがそれを凌駕する義務感が、邪魔をし、何もかもを台無しにしている。

「そんなことは聞いていないのです。リリィ自身の意思は、どう思っているのですか?」
「……わかりきったことを。カミラだってそうだった、サーラだってもちろんそうだ。殺したいはずなど、ないだろう。だがっ……!」
「だったら、殺さなければいいのです」
「そういうわけには行かないのだ! それが騎士団長である私が取るべき行動であり――」

 リリィよりも先に、サーラが心を読み取ったように言った。

「それを違えば、自分は自分で無くなってしまう、ですか」

 それ以外を持たないリリィは、だからそれを失うことを何よりも恐れる。
 簡単に言えば、彼女の両親は、彼女を育てることを失敗してしまったのだ。
 いや、失敗というより、意図した通りなのだろうが。
 それ以外の道を選べないように、逃げ道などどこにもないと諦めさせるために、あえてそれ以外の価値を全て否定した。

「そうだ、その通りだ。罵ってくれていい、恨んでくれてもいい。これはたぶん、全て、エゴなんだ。だがやはり、私には……これ以外の生き方は残されていないんだ」

 例え、みなに哀れだと言われても。
 これは、感情の問題ではないのだ。

「最期に、1つだけいいですか」
「止めはしない」

 そう言って、リリィは彼女の言葉を待った。
 桃色の唇が動き、言葉を紡ぐ。
 死を目前にしても一切の恐れは無く、むしろこうなることもわかっていたかのように。
 諦観と、愛情を込めて。

「好きです、リリィ。例え殺されたとしても、世界の誰よりも愛しているのです」

 笑っている。
 笑っている。
 笑っている。
 ああ、それはいつまでも過去形にならない。
 刃を滑らせ、首を落とし、命を垂れ流しても。
 転がる幼い生首は、笑顔を崩さず、虚ろな瞳でこちらを見ている。
 彼女は、死んでも美しかった。

 突っ立ったまま、じっと彼女の顔を見つめていた。
 こんなに長く、お互いに見つめ合ったのは初めてかもしれない。
 しかししばらくすると、サーラの体は、まるで沼に沈むように消えていく。
 黒い影の中に、飲み込まれていく。

「やはり見ていたんだな、吸血鬼」

 リリィは大きな声で、誰も居ない空白へ向かって語りかけた。

「サーラの死体をどうする……いや、私には関係ない話か。なあ、お前たちも、私を哀れだと思うか? 手にしたはずの幸せを自ら捨てる阿呆だと笑うか?」

 別にそれでも構わなかった。
 むしろ、今は無性に、馬鹿にして笑い飛ばして欲しい気分だった。
 なにせ、姫を殺してしまったのだから。
 王国を守るために姫と逃げていたはずなのに、王国の秩序のために姫を殺した。
 矛盾している。
 だが、リリィの判断基準に従うのならば、そうするしかなかった。

「結局、全部サーラの言う通りだ。カミラさえ斬らなければ。カミラの気持ちさえ受け入れていれば。こんなことには、ならなかったんだろうな。まあ……どうあがいても、私にそんなことが出来るわけがないのだがな。ははっ……」

 いっそ死んでしまいたい気分だったが、自殺はダメだ。
 なぜなら、正しくはないから。
 死に場所もなく、生き場所もなく。
 矛盾だらけの正しさを抱えたまま、リリィは砂の大地を踏みしめ、行くあてもなく歩き始めた。





「異世界で美少女吸血鬼になったので”魅了”で女の子を堕とし、国を滅ぼします ~洗脳と吸血に変えられていく乙女たち~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く