fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

タクミ7


「臣下を捨て、国を捨て、何だ、我輩と同じか」

松永久秀がそう答えを出した。

「なら、卿からは安心を賜ろう、目を背け、現実を直視しないのは、さぞ平常心を保てるだろう」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く