fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

タクミ3


フォウを蹴り上げた!

ボギャアァァ!

一瞬にして欲望ゆめを押し込められて。

その本性は人間の欲望を食べる霊獣。人間の競争と成長、妬みや悔しさを糧として相手よりも強くなるという特徴があり村に放り込んで一年もすれば手の付けられない害獣となるという、別の世界では成長しプライミッツ・マーダーとなっていた、それだからこそ、ビーストとして覚醒した。

『パンドラの居合い刀』を抜き。
切断、生きながらに皮を剥いだ。
そして瞬時に加工、道具作成のスキル。
その欲望ゆめの黒色毛皮のコートを羽織る。

居合いの抜刀モーションの寸前に入る。
「小便は済ませたか?神様にお祈りは? 部屋のスミでガタガタふるえて命乞いをする心の準備はOK ?」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く