fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

エミヤ&藤丸立香9


「さて、タイムリミットを設けよう」
「何の時間制限?」
「光の聖杯と闇の聖杯が融合する前に」
「もうどちらも手に入れたのか!」
「マシュはどうなっているんだ!」
「外側は無事ではない、中身は安全な場所に保管されている、さてこれより、悪足掻きのため君達を相手するのにもう一枚ジョーカーを出そうか」





吸血影。
ブラッド・シザーズ副リーダー、No.2。
影と血液を同化、融合させた魔素遊動体。
真祖、死徒に次ぐ第三の吸血鬼であった。





「さぁ、食事の時間だ、出口などない、ここが貴様達の終焉だ、さっさと食らい尽くせ吸血影!」
「アピャヒェヒェヒェヒェ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く