fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

黒桐幹也9


「助け!」

ばぎゃり!

鬼神アルゴルモアに一口、まさに鬼一口。
護れなかった、彼女を護るなんて無理だった。

こんな化け物と対峙しても。
この人類悪、理は掌握だ。
愛しているからこそ弄ぶ。
人理そのものに独占欲を向ける。

そんなとんでもない相手と戦闘しながら、闇の聖杯を護るだなんて無理だった。

「げっふ、あー、やっぱり闇の聖杯は最高だ」

そう言うと彼から目を逸らす。
体も既に明後日の方向である。
「最後が土蜘蛛とは因果かなんかかねぇ………」

飛翔、脚力のみによるジャンプ。
それは音を置いてけぼりにする。

「待て!待つんだ!その闇の聖杯が無いと式は!」





「俺を闇の聖杯でどうするつもりだった?」
両儀式が復活していた。
「………式?」
「そうだぜ、カイゼルユニット・ヘルを貰ってきてさ、軽々しく甦ってやった、お前のためにな」
「君もか!?」
「大半のカイゼルユニットは血族に掌握されているが、残り物には福がある、てわけだな、じゃ、鬼退治と行こうか、コクトー、世界を救おうか」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く