fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

マシュ・キリエライト8


 「エミヤが中々死なぬのでな、もうギャラハッドを生贄にする事にした、少し記憶が吹っ飛ぶが了承してくれ、これも君のためなのだよ、マシュ」

「はい!分かりました!先輩!」
盲目なるままに盲信をさせていた。
「君からは記憶を貰い、変化を与えようか、マシュ」




「フィナーレまで近づいてきたぞ、投稿数を666にするための微調整と連作短編集、鬼才だなぁ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く