fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

黒桐幹也&エミヤ7

「貴様ら雑魚相手に姿を消している必要も無いわ!」
今まで姿を隠して戦っていたのに、突如姿を現してこの台詞、人類最凶の蝙蝠の序の口。
一点の曇りもない卑劣さ。
卑怯千万、まさに外道だ。
それすら感に触る無道だ。

「選ばれたのは小生だ!誰がなんと言おうともだ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く