fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

マシュ・キリエライト6


人類が、未だ経験したことのない絶望が蓋を開ける、までのカウントダウンは秒読みである、全ての五人の主役の数字が10に成ればーーー

ーーー全てが零になるのだ。





それはともかく彼女の話である。
ラブリーラブリー、マシュたん。
汚して穢れて魔女に貶めようか。




「さて、と、苦痛を与えよう、電気椅子でな!」





石井四郎の今回の目的は円卓の騎士に憎悪、あるいは怨念を芽生えさせる事であった。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く