fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

土蜘蛛6

『ヴァーミン』は『ビーストキラー』である、なぜならば、ヴァーミンはインベーダーなどと同じように愛すら理解不可能であり、人類愛を辛うじて有害めいた物『障害』と認知するのである。

土蜘蛛の場合、その者は幼虫のようであり、ビースト全てを啜る事によって完成する個体だ、成虫になれば蝶のように成るという、仕組みである。

そも、土蜘蛛は、上古の日本において朝廷・天皇に恭順しなかった土豪たちを示す名称である。

完成された存在は宮内庁はもちろん、天皇の一族を確実に滅ぼす厄災に成るのだという曰く付き。

神威ならぬ滅魔であった。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く