fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

黒桐幹也4


「初めまして、コクトー、と呼べばいいのか?」
「僕をそんな風に呼ぶな!」
「失礼した、カイゼルユニット・バルドル」
「それでもないぞ」
「そうか、先にこちらから名乗るのが礼儀だったか、我輩は共工、マスターの祖父のカイゼルユニット・エーギルに匹敵する強さを持つ幼児だよ」
「僕はお前になんか名乗らない、魔物に名乗るのは致命的だって、橙子さんが言ってたからな!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く