fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

兄弟の禍根

「神父様、僕をここにいさせて下さい」
虚ろな目、男なのに女装させられている。
それは妹が欲しかった兄の虐待であった。
ベルゼブブ・プリンスと呼ばれるまでに男婦をさせた、その金で兄はパチンコや蚤屋、闇カジノで遊ぶ、兄はMr.ブラッドと名乗り、アメリカ人と中国人のハーフの在日として通っていた人物だ。

浪速の犯罪王と彼は呼ばれた。
池袋に行きたいが口癖だった。
弟は、そんな兄に怯えていた。
兄は腐れ外道以下の悪逆無道。

神父様がそれは悪魔だからという答えを出す。
それにより、代行者と道を目指して、今では。

『焼却の銃』

と呼ばれて、法で裁けない悪。
あるいは『純正悪魔』を狩る。

いずれ、純正悪魔の主の大魔王アーリマンを倒すだろう。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く