fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

魔障・魔王憑き

白翼公が突如苦しむ。
「ーー己!貴様計ったか」
「もちろんさ、その究極の肉体を賜ろうじゃないか、ーーーー凶賊の極地シンスキル略奪、いただいたぞ」





「究極の肉体、至高の魂魄、そして最強の武器」

「ここに三位一体トリニティは完成する」




白翼公に上納していた武器。
絶黒の聖剣アウラニイスを遂に抜剣した。
「元々小生の物だからな、さて囚われのお姫様」





「ーーこの魔王の妻となれ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く