fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

生き霊とシュレディンガー



そこにいたい。
そこに行きたいと思う意志が生み出す霊体。
幽体離脱、エクトプラズマ。
だからこそ人類最凶の蝙蝠は。
自宅という箱に閉じ込められた彼。

どこにでもいてどこにでもいない。

シュレディンガーの猫のようになれてしまう。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く