fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

グランスルグ・ブラックモア


「一時共闘をしよう、奴の好き勝手にさせたくわない、それに、女神の彼女は、恋人なんだろ?」

「はい、そうです!」

「ーー君には翼を授けよう、漆黒の翼を、な」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く