fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

闇の王

ポボス(古希: Φόβος, Phobos)は、ギリシア神話に登場する恐怖の神である。その名は「敗走」の意で、古くは敗走を表す神であったが、後に混乱、狼狽、恐怖を表す神となった。後代にはフォボス、またラテン語化してフォブス (Phobus) とも呼ばれる。ローマ神話におけるティモールと同一視される。

フォビア(Phobia, 恐怖、恐怖症と訳される)の語源ともなった。

元はヘーシオドスの『神統記』における恐怖の擬人化であり今ではデミウルゴスサーヴァントだ。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く