fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

進退一転

ーーーこれは、歪んだ物語

常時青蒼碧、しかも深淵のようなスカイブルー、血族の開祖再来と呼ばれた二頭狐の本当
の兄、二頭狐の結合性双生児のもう一つの頭、サヴァン・シンドロームだったので、二頭が別れた後も生存が許され魔術師として大成を果たした。

悩みは恋人が見つからない。
自分に相応しい妻がいない。

だから人形師の弟に、慰めに人形を製作させる。
自分と同じ素材で出来た恋人達を愛し尽くした。

兄弟合作の人工知能を備えた自動人形オートマタの悪魔化。歪な三原則を蓄えた人形知能デーモン達に、人形賢者サタンはまだまだ満足できないでいた。


沢山、沢山、沢山。

その全てを彼は壊した。

乱暴に丁重さがある、と言うのは矛盾な発現だが、彼は愛するために壊す、彼は一人の女に愛を注ぎたい、異常性があれ、狂気であれ、歪んだ妄想にすがり幻の姫を愛しても心は晴れなかった。 

ーーーこれは歪んだ愛の物語。
歪んだ歪んだ歪過ぎた恋の笑殺話。




高望みした。

その執着は。

ザ・ダーク・シックス復活を陰謀たくらみさせた。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く