fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

紅雪陣


天から無数にして無限に等しいドス。
それらが地に刺されて慟哭を発する。
それは任侠、ヤクザ、暴力団の武器。
それが、百は超えて千さえ超越する。
あの剣豪将軍の足利義輝の殺陣のように。
切っては、捨てて、また抜き、切り、捨てる。
その繰り返しを永遠的に続ける殺戮陣形。
「小生が強靭にして凶刃を持つのだよ!」

「お兄ちゃん大好き!!!!!」
「あぁお兄ちゃんもっと!!!」
双子の妹達は怪物と対峙して怪物となった。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く