fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

セイレムとサイコパス

例えば小さなビジネスのオーナーや企業の管理職、教師、公的な機関の管理者として、あるいは家族の中のリーダーとして自分より弱い立場の人を支配するのです。
自分よりも弱い立場の人に威圧的な態度を取る場合が多いのも、このクラスのサイコパスの特徴のようです。

「塩川洋介さんもこれだね、高圧的で批判を許さない、慢心の自制が出来ない低級サイコパスだ」





聖職者にも多い。
ミソジニーを起点にしたのか。
魔女を創点にあげたからこその狂気か、
レイプ、虐待、それはあくまで楽しい。
挙げ句の果てに、罪人に高圧的になっても許される、云わばサイコパスの巣窟になるのが魔女裁判である、女達を外圧と断じた末路であったのだ。

それは男のエゴかつ、父権主義の賜物である。

神が全面的に正しいと盲信するのはよくない、狂信すれば迷信からの降臨は免れず最も異端なる魔女の魔の手より大いなる災厄が来るだろう。






人間の方が悪魔と思う事がある。
女が勉強するだけで魔女扱いだ。
ナイチンゲールも一種の魔女か?
男より女が偉そうに見えるだけでアウトである。

しかし、それを扇動した者こそ本物の魔女。
暗示、洗脳、雰囲気を操り、ムードを操作。

これは賢しき蛇の話。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く