fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ランサー


エリザベート=バートリーは風呂に入ってた。
全身を鎖で拘束され、油の中に沈んでいた。
「たすたすけっ」
「駄目!」
油の風呂に火を着けたライターを投げた。
「ぎゃぁぁぁぁぁああぁああああ!!!」
「俺様自家製の油だぜ?」
若々しい青年、緑色のパーカーをした斎藤道三。
ランサーのクラスを奪い霊基も宝具も奪った。

『下剋上』それに特化した宝具を持っている。

その背中のシンボルマークはウロボロス。

「ヒャハハハハハ!さぁ聖杯を犯そうか!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く