fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

サンクレイド・ファーン


外資系の本社の傘下となった会社の実質的な長。

人間性を感じさせない爬虫類のような外見の細身の男性。表向きは温厚な人物を装っているが、その実は激しい差別主義者であり東洋人を人間と見なしてない、白人の植民地風会社にしたブラック企業ならぬダーク企業にした諸悪の根源である。

テンプル騎士団のメンバーでもあるらしい。

白純里緒は全裸土下座をしている。
必死に、彼の靴を舐めていたのだ。
「貧相な胸に貧相過ぎる脳、無能は猿らしい」
「ご、ごめんなさいぃ」
「ちっちっちっ!謝ればぁ許されるとでもぉ?」
「許して!」
「駄目駄目駄目駄目駄目!もう少しそうしてろ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く