fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

蝙蝠の生まれ変わり

彼女にお昼の誘いを断られた新入社員の男の子たちの前に現れ、彼女の付き合いの悪さについて説明した、眼鏡をしたキャリアウーマンの同僚。
「やめとけ!やめとけ!あいつは付き合いが悪いのよ『どこかに行こうぜ』って誘っても楽しいんだか楽しくないんだか…『白純里緒』 33歳 独身仕事はまじめでそつなくこなすが今ひとつ情熱のない女……なんかエリートっぽい気品ただよう顔と物腰をしているため、男性社員にもてるが会社からはお茶汲みとかセクハラばかりさせられているんだよ、悪いやつじゃあないんだが これといって特徴のない……幸の薄くて影のうすい女さ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く