fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ヴァンパイア・アサシン

「私は貴方に屈しない、幽閉された時の看守の作り笑いの中にある、私を穢わらしいと見下す目!そんな最低の男は私のマスターに相応しくない」





カーミラ、令呪を使わず自ら舌を噛み千切り自害する。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く