fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

べんぼう


「地母神もマリアすら等しく売女だよフィリア」

「それがお前の本性か?」

「それ以外何があるんだ」

真っ黒な僧衣に乱れた金髪、漆黒の肌に明らかにヤバい目をした異形の男。一応人型をしているが、こいつを見て人間だと思う奴はまずいない。

「げひゃひゃひゃひぇひぇひゃっ!」
その不気味な本来の笑殺の笑い声も。
彼を性根が穢れきっているのを記す。
「牛娘、ケモナーは海外じゃ最低の性癖だ」

「それがどうかしたの?」
蚩尤嘲笑、とことん嘲る。
「お前のような下卑た思想は大嫌いだよ」

「それが、どうした事か?現代社会では女性が活躍できず、男尊女卑は未だに根深い、男のステレオタイプは砕ける事を知らない、ミソジニーは不変だ、変えたいと思うが、同情からの幻想だね」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く