fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

石杖火鉈


「トマトの心を折ろうとしても無駄だ、この前穢職刑事が膣内放尿してもまるで効果なしだった」

「ふぅん、鉄の女って話?」
「あれこそ英雄って奴だな」
「なら私達はやられ役なの?」
「まさか、彼女にだって弱点はある、脛に傷がなくても、無理矢理冤罪で創ればいいんだよねぇ」
「彼女は悪魔憑きにはならないわよ」
「馬鹿だなぁ、致命傷は盲点からだ」
「へぇ、それはとことん悪賢いのね」
「だろ?そこを君を突くって話、彼女をまず潰してカオス力学的に国家転覆を企もうかなぁって」
「本物の悪魔みたい」
「そして保護団体は反面的には悪魔なんだぜ?」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く