fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

正義VS悪党10


「ここを死に場所には出来ぬのであろう?」
「ちっ、バレてやがったか」
頭をかきながら苛立ちを隠せない。
舌打ちを絶えず繰り返し激昂する。
「てめぇが、乗らずに追ってくれればよかったものの、いや見せびらかしたからこそこの末路か」
「もっともらしい稚拙な暴論、自分の所有物を自慢する、闇とかにかっこよさを見いだす、思い通りになると思っている単純な思考、貴様の人物像など幼児的万能感の抜け切らない子ども大人だ」
「なら幼稚的に…………なら遊ぼぉか?死ねぃ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く