fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

正義VS悪党7


深紅の暴走列車が突如襲来した。
それの最後尾の車両に飛び乗る。
さて、大悪党の目的はと言えば。
「人類の航海図より人類の路線図でもよかろう、ならばこの列車は人理を司る命題物品、まぁタイムマシーンてしても使える、よって人理再編も可能だ、さぁエミヤ、過労死をさせてやろう、霊長の守護者として大活躍するといい、ヒャハハ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く