fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

首吊邸

世界精神が自己投影した伯爵の邸宅パレス

人形、悪霊、この世全ての悪の魔窟。
ゴースト、スペクター、ゾンビ、鬼。
年中ハロウィンの魔物達の宴の会場。

自殺が多い世間への息苦しさの反映。
無数の首吊り死体が黒き幻想の極彩。
世界は青褪めている、目を背けるな。
死んでるみたいに生きている屍もどき。
あるいは、空亡曰くの人間もどきか?

この館は死霊魔術と黒魔術のハイブリッドにしてパイオニア、家そのものが魔術礼装。

凶月月下にある不気味な洋館。
モスマン達が屋根に止まる邸。
分霊箱としても機能している。

「もっと畏れろ、運命はいつだって皮肉だな!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く