fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

特異点・悪質隔離腐海魔境・池袋10


殻の中の鳥は外に出る時一つの世界を壊す。





バロットという食べ物を丸飲みした蝙蝠。





世界は卵である。

魔術理論・世界卵。

この世界を、ひいては人間を卵と比喩する表現法、肉体つまり物質的な欲望や常識を卵の殻とし、魂つまり精神とか根源的な要素を雛とするって考え。

“殻を破る”という表現が精神的な成長を意味するのも、
世界卵の思考法の一つだ。

卵の内側と外側を反転する………つまり、殻を破るのではなく、殻の内側をめくり返す。





この世界は卵である。
悪質に隔離された腐海。
雛は既に堕児されている。
骸侯爵がそれをどうするのか?

魔境、生ける屍、吸血鬼の楽園。

雛の一孵り・畜仔の一腹もブラッドと言う。

ならば、この卵は何を孕んでいるのだろう?




「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く