fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

袖の下

「よぉ、警察所長さん」
「自首をしにきたのか」
「尻の穴の中まで調べてくれるのかい?」
「そんな趣味はない」
「俺の尻を舐めるか」
「戯言はいい、本題に入れ」
「はいはい、実はな正式な第六次聖杯戦争のサーヴァント枠がまだ埋まってないんだよ」
「触媒を持ってきたならば見逃してやろう」
「山田浅右衛門の中で辻斬りに堕ちた女の」
机の上に短刀が刺さった。
「まぁ必殺仕事人の原典みたいな女だよ」
「さては江戸時代にタイムスリップしたか」
「今時あるんだねぇ」
「お前に堕落させられた魔女がまた一人、か」
「人聞き悪い事言うなよ」
「事実だろ?」
「まぁな」
「そんなお前が堕落させた正義ならこの私も同じだ、鬼に外れたならそのまま猪突猛進しよう」
「愛してるぜ、警察所長ちゃん」
男装の女性が蝙蝠に照れながら短刀を抜く。
奇しくも、因果により前世の自分を呼ぶことになった、それすら厄に数えるに相応しいのである。

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く