fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ビュトス

グノーシス主義における神。
深淵を意味する暗黒カバラの到達点。
クリフォトの化身であり魔王の原典。

というのは彼の邪見にして歪な答え。

その黒魔術師は、人類最凶の蝙蝠だ。

知られざる六つの大罪と凶賊の極地。

ベルゼブブの双子の落胤を王子様と呼ぶ。

聖杯戦争はセフィロトから由来している。
召喚の呪文でさえ英霊の座もセフィロ内。

対して彼は、クリフォトの支配権を持つ。

ゆえにこれは神と悪魔の最終戦争に近い。

「完全無欠に笑殺話だろ、小生は悪党でしかねぇ、小生が善であるという可能性は捨てておけ」





深淵を覗いて深淵に蝕まれるな

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く