fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

狂気の大罪


道化師の悪魔化。
サイコパスの中のサイコパス。
人間から悪魔に成った成れの果て。
一片の容赦もない糞野郎であった。






池袋の警察所長に、疫病神が降りた。
道化師の姿をした、狂っている悪魔。
まだ東京の聖杯戦争が始まる前の事。
『新しき麗しき犯罪者達のリスト』を渡す。
「これから、小生が犯罪者を作っていきます、これはあなたがたとのゲームでぇす!」
「ふざけるな」
「ふーざけーてまーすよー、道化師だもの」
「挑戦状か?」
「えぇ、我々の神からの試練です」
「またくそったれカルトか!!」
「我々の神は人類最凶の蝙蝠!」
「ちっ、奴が帰ってくるのか?」
「えぇ、問題しかありませんよねえ」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く