fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト


蝙蝠の対する醜聞や悪評は常に正しい。

彼の悪意を誤解するのは聖者とか、聖母とか聖処女とか覚者ぐらいしかいないだろう。

実際、女子供だろうと容赦しない。
気絶した相手を何度も踏むのも常。

これは、ちょっとした模擬線だ。
模擬戦のはずであった、なのに。

「どうした!どうした!どうした!つまらねぇなぁ、高貴なるハイエナは雌犬だったか」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く