fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

厄人

モスマン
アメリカなどで有名な大惨事の前に現れる不気味なUMA、蝙蝠の使い魔でもある存在だ。




不幸と災禍の代弁者。
天文では存在そのものが不吉とされる男。
厄払いできないほど、凶運を持っている。
蛾とは醜悪を表す、グロテスクさの象徴。
暗黒カバラ、クリフォトの生命体である。
モスマン、そして人類最凶の蝙蝠さえも。
「厄介払いだなんて………出来るとでも?」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く