fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

北欧神話


唯一無二の完結した神話である。
ラグナロクにより滅びた世界線。
その神々はバルドルとその妻を除きいない。

ーーーはずであった。

ヴリル協会とトゥーレ協会。
そして、ナチスという組織。

こぞってその神話を崇拝した。
結果的に信仰は元通りとなる。

そして、神々は復活を果たした。

天敵である巨人族もまたしかり。

闇一と暗二の双子は、蝙蝠のバックアップ。
蝙蝠、否、ここでは悪神ロキと言うべきだ。

これはバッドラグナロク。
主犯格はロキでしかない。

「fateの作品に俺様ちゃん、参上でぇす!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く