fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー

家上浮太

キリストの兄弟


ブラコンの双子の弟イスキリ。
サタナエルの良心を司る少年。
救世主を実は認めていた善意。
その擬人化であり、善性悪魔。

誰よりもアンチでありながら。
その実は好敵手が好きでしょうがなかった。

身代わりとなって処刑されるほど。
とことん、本当は愛していたのだ。

またキリストと再来できるのを夢見て改心してとんでもない狂信者なった男であるのだ。
人類最凶の蝙蝠の魂の中枢部のトリニティ。
その一つとなっている、救世主マニアの男。
「藤丸立香、君もまた救世主なのだなぁ!」

「fate/badRagnarökーー魔王の名はアーリマンーー」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く